腫瘍マーカー検査とは?

臓器別に見る主な腫瘍メーカー

体のどこかに腫瘍ができると、血液中や排泄物中に、たんぱく質や酵素、ホルモンなどの特別な物質が増えてきます。それが腫瘍マーカーです。
腫瘍の種類や発症部位に特有の物質と、そうでないものがあります。それを検出するのが腫瘍マーカー検査で、腫瘍の発生やその種類、進行度などを判断する手がかりになります。

ただ、腫瘍マーカーの数値が高いからといって、腫瘍が確実に存在することを示すものではありません。また、それだけで腫瘍が良性か悪性(がん)かの判断はできませんし、どの臓器にがんができたかを特定することはできません。

さらに、がんの場合は初期には腫瘍マーカー値は異常を示しません。これは人によってそれらの物質の存在の有無やレベルが異なるうえ、仮に腫瘍ができていたとしても、腫瘍マーカーの出現や発生量が一様であるとはいえないからです。そのため、腫瘍マーカー検査は各種検査の補助手段として利用されたり、治療効果の測定に用いられるのが一般的です。

腫瘍マーカーの産生量に個人差があるとしても、その増減を測定することは患者個人にとっては有用です。例えば、腫瘍マーカーを継続的に調べ、それが増加傾向にあれば治療がよい方向に進んでいないことを、減少傾向にあれば治療効果が出てきていることを、また低値の一定レベルで安定するか消失すれば完治したことを、それぞれ判断する手がかりになるからです。

この検査の結果を得て、必要に応じて確定するための各種検査を実施すればよいのです。腫瘍マーカー検査の多くは簡単に行なえますから、その意味でも利用価値が大きいのです。

当サイトでは、腫瘍マーカーの中でも特によく使われるCA125CEAAFPCA19-9フェリチンPSATPACYFRA、SCCなどを解説しています。

腫瘍マーカー:CA125とは?

CA125は卵巣がんの腫瘍マーカーです。卵巣がんは症状が現れにくく、早期発見が困難ですが、CA125を調べると早期から高い確率で陽性になります。また、がんの進行とともに陽性率、測定値とも上昇するため、治療効果の判定や再発予測の手段としても重要です。
ただし、卵巣以外のがんでも上昇するので、他の検査結果と合わせて総合的に判断します。

CA125の基準値
基準値は、一般的には35U/ml以下となっていますが、閉経前の女性は、閉経後の女性や男性よりも高い平均値となっています。月経周期とも関連がありますが、基準値内の変動にとどまります。
妊娠初期には陽性になることもあります。

異常値と疑われる病気
卵巣がん子宮がんでは陽性になる確率が高くなっています。しかし、この数値だけで判断することはありません。ただ、500U/mlを越えていれば、卵巣がんの確率が極めて高くなります。
また、すい臓がん肺がん大腸がんの可能性も考えられます。
加えて、子宮内膜症、良性卵巣腫瘍、骨盤内炎症性疾患、子宮筋腫、肝硬変、腹膜炎、急性膵炎でも値が上昇します。

異常値のときどうするか?
数値が高いと、婦人科系疾患、特に卵巣がんの発症を推定することができます。
子宮内膜症や子宮頚部のがん、あるいは良性腫瘍などでも高い数値を示すことがありますから、ほかの検査を受け、その結果と照らし合わせたうえで診断を下します。

腫瘍マーカー:CEAとは?

CEAは、大腸やすい臓、胆嚢、胃、肝臓など消化器系にできるがんがつくりだす糖たん白のひとつで、これらのがんを調べる時に測定します。CEAは、正常細胞でも少量つくられていますが、細胞ががん化すると血液中に多量に出現し、基準値の2倍以上になると、どこかにがんがあると推測されます。消化器系以外では子宮や卵巣、肺のがんでも高値を示します。

血便や便通異常を初発症状とする大腸がんのスクリーニングには、便潜血反応が行なわれていますが、最近ではこのCEAで測定する機会も増えています。

CEAの基準値
基準値は、ラジオイムノアッセイサンドウィッチ法では2.5ng/ml以下、ラジオイムノアッセイZ-ゲル法で5.0ng/ml以下ですが、高齢者や喫煙習慣のある人のおよそ5%は高値を示します。

異常値と疑われる病気
Z-ゲル法で10〜20ng/mlと中等度の上昇ならがんの存在が、さらに高値を示した場合はがんの転移が疑われます。CEAが高値というだけでは、どこのがんかはわかりませんが、ほとんどが大腸がん胃がんすい臓がんなどの消化器系のがんです。

異常値のときどうするか?
値が上昇している場合には、がんが疑われます。ただし、注意したいのは、がんの初期はにはCEA値の上昇がみられないことと、がん以外の疾患でも疑陽性を示す場合があるということです。特に糖尿病の患者、喫煙者では異常高値がみられます。

消化管では下部消化管X線検査(注腸X線検査)、大腸内視鏡検査、胃透視X線検査、胃内視鏡検査を、肝臓・胆嚢・すい臓関係では腹部超音波検査、CT検査を行ないます。
これらの検査で異常がない場合は、肺、甲状腺、乳腺、卵巣、子宮など、全身の検査を行ないます。

また、がんは進行性であり、CEAの高値ががんによる場合は上昇傾向を示すため、1〜2ヵ月後に再検査を行ないます。これで変動がなければ、高値でも心配ない場合もあります。

腫瘍マーカー:AFPとは?

AFPとは、胎児の血清中にみられるたん白の一種で、出生後は消滅しますが、肝臓がんになると増加します。GOT、GPTなどの血清化学検査とともに測定され、肝臓がんのスクリーニング(ふるいわけ)検査として用いられます。しかし、肝臓がんでもAFPが陽性にならないものもあります。
AFPが確認された肝臓がんでは、治療の効果があれば数値は下がるので、治療の経過観察や再発の発見に欠かせない検査となっています。

AFPの基準値
基準値は、多少変動はありますが、ラジオイムノアッセイ法で20mg/ml以下です。

異常値と疑われる病気
AFPの測定値は、肝臓がんの判定の目安になっています。
測定値が3000ng/ml以上なら95%、200〜3000ng/mlなら4分の3が原発性肝がんで、残りは肝炎、肝硬変、転移性肝がんとされています。
20〜200ng/mlの場合は、原発性肝がんの可能性は少ないといわれています。慢性肝疾患患者の経過観察中にAFPが上昇した場合は、がんの合併が疑われます。

異常値のときどうするか?
AFPの値は、急性肝炎や肝硬変の治癒期にも20ng/ml近くまで上昇する事があります。
したがって、これだけで診断することはありません。
その他の肝機能検査や、B型肝炎ウイルスの検査などを行なって肝臓の状態を調べ、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんなどを診断します。

次には腹部超音波検査やCT検査など、画像診断装置でさらに詳しい検査を行ないます。特に超音波検査は、肝機能に異常がある場合には欠かせない検査となっています。

腫瘍マーカー:CA19-9とは?

すい臓がんや胆のう・胆管がんなどの消化器系のがんにおかされると、患者の血清中にCA19-9とよばれる物質が著しく増加します。そのためCA19-9は消化器がんの腫瘍マーカーとして広く用いられており、とくにすい臓がんの診断に役立っています。

しかし、全例が高値になるわけではなく(80%の陽性率)、また病気が進行しないと高値にならない場合もあります。そこですい臓がんでは、CA19-9だけではなくCEAとあわせて測定すると正診率は上昇します。

CA19-9は、ルイス抗原(血液型表現のひとつ)が陰性の人の場合は、すい臓がんでも高値になりません。この場合は、他の腫瘍マーカー(CEAやDupan-2、Span-1)によって検査をします。
すい臓がんの症状として血糖が高くなることがあります。糖尿病を治療している場合で、血糖のコントロールが急に悪くなったときはすい臓がんも疑い、CA19-9の測定を受けた方がよいでしょう。

CA19-9の基準値
ラジオイムノアッセイ法では37U/ml以下が基準値とされています10〜20歳代の女性の場合、やや高値になるといわれていますが、元年例といわれる40歳以後は、性別や年齢による変動はありません。

異常値と疑われる病気
CA19-9が高値を示すと、すい臓がん胆道がんなど、消化器系のがんが疑われます。
肝硬変、肝炎、慢性膵炎、胆石症などの、がんより良性の病気でもCA19-9が増加する事が知られています。ただし、その場合は37〜100U/mlとほとんどが比較的低い上昇を示します。
値が100U/ml以上の場合は、がんである確率が高いので、がんが発見できない場合でも経過観察が必要になります。

異常値のときどうするか?
消化器系を中心とした検査が必要です。肝機能検査やすい臓系の酵素などを組み合わせて検査していることが多いので、それらの結果を組み合わせて、どこの病気かを推測します。
次に、腹部超音波検査やCT検査、MRI検査などを行ない、さらに内視鏡を用いた膵管・胆管造影検査、上部消化管や大腸関係の検査も行ない、詳しい診断をします。

腫瘍マーカー:フェリチンとは?

フェリチンとは、血液中に含まれるたんぱくの一種で、造血系の腫瘍(白血病、骨髄腫など)で陽性になる確率が高いのですが、肝臓がん、すい臓がん、大腸がんなど多くのがんでで高値を示すため、部位を限定することはできません。

また、フェリチンは組織中の鉄と結合しているたんぱくなので、鉄欠乏症貧血では減少します。
ほかの血液検査と組み合わせて、がんのスクリーニング(ふるいわけ)検査や病状判定、経過観察に利用されるほか、体内貯蔵鉄の状態を推定するためにも行なわれます。

フェリチンの基準値
基準値は、ラジオイムノアッセイ法で男性が16〜194ng/ml、女性が10〜80ng/mlです。健康な人でも男性の値は女性の3倍近くを示しますが、年齢とともに女性も男性の値に近づきます。

異常値と疑われる病気
フェリチンは、肝臓がんすい臓がん肺がん腎臓がん卵巣がんなど、多くのがんで高値を示します。したがってフェリチンが高値の時は、どこかは特定できませんが、がんが潜んでいる可能性があるという警告になります。

ただ、フェリチンは、がん以外に再生不良性貧血や肝炎、膵炎、膠原病などでも高値を示すことがあります。腫瘍マーカーとしてフェリチンを考えるときは、ほかの血液検査や診断の結果などを組み合わせ、これらの病気かどうかを鑑別する必要があります。

異常値のときどうするか?
その他の腫瘍マーカーや血液検査を組み合わせて、疑わしいがんを推測します。さらに超音波検査や各種のX線検査を用いて詳しく調べ、原因となる病気を見つけ出します。

腫瘍マーカー:PSAとは?

PSA(前立腺特異抗原)は、前立腺組織の腺上皮から特異的に作られて分泌される、糖たん白です。前立腺がんが疑われるとき、まず最初に行なうべきスクリーニング(ふるいわけ)検査として位置づけられています。また、がんの進行度をを鋭敏に反映するため、前立腺がんの早期発見とともに病期の推定、治療効果測定や予後予測にも用いられています。

PSAは、良性の前立腺肥大でも陽性を示します。この場合、前がん状態との鑑別が重要となりますので、慎重に経過を観察する必要があります。

PSAの基準値
代表的なタンデム-R PSA法による測定では、PSA値が4.0ng/ml以下を基準値とします。

異常値と疑われる病気
軽度上昇の4.01〜10ng/mlは、がんの疑いがあるグレーゾーンです。早期前立腺がんが考えられますが、ほかにも前立腺肥大や急性前立腺炎、急性尿閉など多くの病気も考えられるので、それらと鑑別するための検査が必要です。
10.1ng/ml以上の中等度〜高度上昇の場合は、がんの可能性が高いと判定されます。がんの病期や転移がんが進んでいるほど、PSA値は上昇します。

異常値のときどうするか?
PSA値が高くても、本当にがんかどうか、また、がんの進行度や広がりの程度までは分かりません。
まず、肛門から指を入れる直腸内触診(直腸診)で前立腺の状態を調べ、経直腸的超音波検査などを行ない、がんが疑われたら、組織片を調べる前立腺生検で確定診断をつけます。

続きを読む

腫瘍マーカー:TPAとは?

TPA(組織ポリペプチド抗原)とは、体内の腫瘍組織に見られる特殊なたん白で、原発部位に関係なく、ほとんどすべてのがんで上昇がみられます。がんの補助診断、病気の進行や術後再発のモニターに役立ちますが、この検査だけでがんを早期発見したり、特定するには不十分です。
最近では、CEAAFPなどのほかの腫瘍マーカーと組み合わせて用いられるようになっています。
TPAは、白血病や肉腫に代表される非上皮性腫瘍ではほとんと上昇しません。

TPAの基準値
ラジオイムノアッセイ法では110U/ml以下が基準値の範囲です。

異常値と疑われる病気
胃がん大腸がん肝細胞がんすい臓がんなどの消化器系がんで高値になりますが、急性肝炎、慢性肝炎、胃潰瘍などの良性腫瘍でも高値を示すことが知られています。
例えば、胃がんや肝細胞がんでは3000U/ml以上の高値を示すことがありますが、急性肝炎でも2000U/ml以上を示した報告例もあります。

したがって、TPAだけでは、がんかそれ以外の病気かの区別はできません。
ただし、TPAはがん以外の病気なら一時的に高値を示しても、病気の経過とともに値が低下しますが、がんでは徐々に上昇します。これも病気別鑑別のポイントになります。

異常値のときどうするか?
TPAは、がん以外のさまざまな病気に高値を示すため、他の腫瘍マーカー血液検査と組み合わせて病気を診断することが大切です。
その次の段階として、肝臓や胆のう、すい臓の病気が疑われれば超音波検査、胃なら胃透視X線検査と胃内視鏡検査、大腸なら下部消化管X線検査と大腸内視鏡検査をおこない診断します。

腫瘍マーカー:CYFRA、SCC、NSE、SLXとは?

CYFRA(サイトケラチン19)とSCC(扁平上皮がん関連抗原)、NSE(神経特異エノラーゼ)、SLXは、主に肺がんのマーカーとして測定されています。
肺がんは、組織学的には扁平上皮がん、腺がん、小細胞がんに分類されますが、CYFRAとSCCは扁平上皮がん、NSEは小細胞がん、腺がんにはSLXが特異的とされています。

CYFRA(サイトケラチン19)
サイトケラチンは、上皮性細胞に広く存在しています。
そのうち19フラグメントは、正常でも上皮細胞にごく微量存在しますが、肺(気管支)とくに扁平上皮がんで大量かつ高率に検出されています。
しかし、肺がん以外でも咽頭炎、気管支炎、肺結核、皮膚疾患、慢性肺疾患、腎不全などでも検出されるので、臨床解釈には注意が必要です。

SCC(扁平上皮がん関連抗原)
SCCは当初、子宮頸がん患者の組織から分離・精製されていましたが、肺や頭頸部、食道などの扁平上皮がん患者の血清中に、高濃度存在することが確認されました。
子宮頸がん、肺がん、頭頚部がん、食道がん、皮膚がんで検出されるとともに、これらの良性疾患でも検出されます。

NSE(神経特異エノラーゼ)
NSEは、神経組織や神経内分泌細胞に特異的に存在するエノラーゼ(たん白の一種)で、組織の腫瘍化に伴って血液中に上昇します。
肺がんや神経芽細胞腫、すい臓がんで上昇します。肺小細胞がんでは60〜80%が陽性となり、非小細胞がんでは10〜20%の陽性率ですが、陽性の場合は予後が不良です。

SLX(シアリルSSEA-1抗原)
SLXは、ムチン型糖鎖たん白で、胎生期に形成される気管支腺細胞に存在します。
肺がんで陽性となるほか、気管支炎や肺線維症、気管支拡張症、肺結核でも陽性になります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。