テロメライシンでがん細胞への免疫力も向上

正常な細胞を傷つけず、がん細胞内だけで増殖してがん細胞を壊すとして、実用化が期待されている「テロメライシン」が、がん細胞に対する免疫の働きも高めることが、岡山大病院遺伝子・細胞治療センターの藤原俊義准教授らの研究で分かった。

テロメライシンに感染したがん細胞内の尿酸濃度が通常と比べ4倍以上、一般の抗がん剤の投与時と比べ約2倍に増加し、がん細胞を攻撃する免疫細胞の働きが活性化するのを試験管レベルの実験で確認した。

藤原准教授は「間接的にもがん細胞を殺すことが分かり、より強い働きと転移部分への効果が期待できる」としている。テロメライシンは2002年に岡山大が開発。米国で実用化に向け臨床試験が進んでいる。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。