ユーイング肉腫とは?

筋肉や神経などのやわらかい組織(軟部組織)や、骨にできる比較的まれな悪性腫瘍で、骨肉腫と同じく、おもに子供や青年が発症します。1960年代までの5年生存率はわずか10〜20%でしたが、現在では、治療法の向上により生存率は50〜60%まで上昇しています。
特に、肉腫が発生した場所にとどまり、手術で完全に除去できるときには80%に達しています。

骨髄炎の症状と似ているため診断が遅れがちです

ユーイング肉腫の症状
肉腫のできた部分が腫れて痛みがでたり、患部が熱っぽくなることがあります。また、骨が弱くなるために骨折しやすくなります。注意しなければならないのは、本人も家族もこの肉腫による腫れを単なる打撲傷と勘違いして受診が遅れてしまうことです。

病院でも、骨のユーイング肉腫の症状が骨の感染症である骨髄炎のそれとよく似ているため、診断が遅れがちです。抗生物質などの薬を使っても治らないときにはじめて、肉腫の疑いが生じます。

ユーイング肉腫の検査
まず、X線撮影、X線CT(コンピューター断層撮像法)、MRI(核磁気共鳴撮像法)による画像診断を行います。これらにより、病巣の広がりや大きさ、転移の有無、肉腫による骨のひび割れなどを確かめます。また、放射性物質を用いて骨の状態を調べる骨シンチグラフィーも行われます。

確定診断を行うには、肉腫が疑われる部分の組織を切り取ったり、針で吸い取ったりして顕微鏡で詳しく調べます(生検)。最近では、ユーイング肉腫を引き起こす染色体の異常を見つける方法もあります。これは、PRC法(DNA合成酵素連鎖反応法)という方法で、10万個に1個の異常な細胞でも発見できるというものです。

ユーイング肉腫の治療
同じく骨のがんである骨肉腫の治療と同様、化学療法でがんを縮小させた後に手術でがんを切除し、さらに化学療法を続けます。放射線治療を追加する例もあります。
がんが転移している場合には治癒が困難であるため、造血幹細胞移植も治療の選択肢に入ります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。