網膜芽腫とは?

網膜の細胞になるはずだった細胞ががん化する代表的な子供のがんの一つで、患者の95%が5歳以下で発症しています。このがんは、網膜から眼球へ、さらには眼窩へと広がります。
また、視神経を通じて脳にも転移します。さらに血液に乗って全身を移動し、脊髄や肺にがんができることもあります。

親から子へ遺伝する性質があります

網膜芽腫の症状
初期症状は薄暗いところで、目が猫の目のように光ります。写真撮影で目が白っぽく写り、異常に気づくこともあります。これは、瞳孔を通して、クリーム色のがんのかたまりが見えているからです。

がんが網膜の内部や裏側で発生すると、網膜がゆがんだり、眼底からはがれて視力障害が現れます。しかし、幼い子供の場合、目が見えにくいことを自分から訴えるのは稀です。
そのため、歩行にふらつきがみられたり、目視を誤るなどの行動を示すときは、周囲の人が子供の目に異常があることを疑わなければなりません。

網膜芽腫の検査
麻酔をして目をよく調べます。さらにがんの大きさや広がりを見るため、超音波診断、CTスキャンやMRIを行い、目や視神経、それに脳を撮影します。

網膜芽腫の治療
がんがまだ初期の段階なら、凍結治療や光凝固治療、温熱治療などで視力をそれほど損なわれずに治療を行うことができます。がんがある程度進行しても、化学療法や放射線治療によって眼球を残せる場合もあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。