小児悪性リンパ腫とは?

悪性リンパ腫は、リンパ球(外から体内に入ってきた病原体を攻撃する白血球の一種)ががん細胞に変わるという点では白血病と同じです。ただし、がん化の起こる場所が骨髄ではなくリンパ節であるという点が異なります。

はっきりした原因は不明です

骨髄で発生する白血病の場合には、骨髄の内部ががん化した白血球やリンパ球でいっぱいになります。ところが悪性リンパ腫では、リンパ節の中ががん化したリンパ球であふれ、これが血液にも入り込んで、血液の機能を低下させてしまいます。

小児悪性リンパ腫の症状
腋の下や鼠径部(太ももの付け根付近)などのリンパ節に痛みをともなわない腫れがみられたり、原因不明の発熱・体重減少・大量の寝汗、息切れ、喉の腫れとそれにともなう嚥下困難などが現れます。

悪性リンパ腫では病巣がリンパ節に集中し、骨髄の機能は比較的正常に保たれるため、貧血や出血などの白血病特有の症状はあまり現れません。また5歳未満の子供の発症は稀で、5〜11歳の間に発症のピークがあります。

小児悪性リンパ腫の検査と診断
病巣の組織を取り出して顕微鏡で調べ、そこに含まれている細胞ががん化しているかどうか、もしがん細胞ならどのような形の細胞かを判断する「生検」が行われます。一般に、「針生検」か「切開生検」あるいは「切除生検」が行われます。

針生検は、腫れが認められるリンパ節に針を刺して微量の組織を採取する方法であり、一方、切開生検と切除生検は、リンパ節の腫れた部分を切開して、組織の一部ないし全部を切除して調べるものです。

同時に、胸骨や骨盤に針を刺し、骨髄の組織を調べて、がん細胞があるかどうかを調べる骨髄穿刺も行います。これらの結果、リンパ節の中のリンパ球だけががん化し、骨髄に白血病の兆候がなければ最終的に悪性リンパ腫と診断されます。

小児悪性リンパ腫の治療
悪性リンパ腫と診断されると、すぐに抗悪性腫瘍薬などで治療を開始します。腫瘍の種類によって、抗悪性腫瘍薬を中心にするか、放射線治療を行うかが決められます。治療法が進歩してきていますので、治癒率はかなり高くなっています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。