耳の悪性腫瘍とは?

外科医で発生する音を感覚する耳は、外耳の一部である耳介と外耳道、中耳、内耳に分けられます。外耳、中耳は外界の音を聞く(聴覚)ための器官ですが、内耳には、聴覚に関する蝸牛のほかに姿勢のバランス(平衡)を維持するための三半規管や前庭があります。また、内耳の周囲には前庭神経、顔面神経が分泌しています。
耳の悪性腫瘍は、外耳、中耳などに発生しますが、非常に稀にしかみられません。

外耳道がんの画像です

外耳がん
耳介がんや外耳道がんは、組織学的には扁平上皮がん、あるいは基底細胞がんです。
耳介がんは耳輪に多くみられます。とくに外耳道がんは、耳掻きなどで、耳を掻く習慣のある人に発生しやすいといわれています。

中耳がん
中耳の悪性腫瘍には、がん、肉腫および傍神経筋腫がありますが、がんが最も多くみられます。中耳がんは、耳管または中耳粘膜に生じる扁平上皮がんで、慢性化膿性中耳炎が関係していると考えられます。また、中耳根治手術を受けた人に発生することがあります。
中耳がんは、腫瘍の進行方向から、外方型あるいは浅在型(鼓室および乳突部)、内方方あるいは深在型(鼓室および錐体部)に分けられます。

耳の悪性腫瘍の症状
外耳がんの初期症状は、片方の耳に生じる耳鳴りや難聴、ときに軽いめまいがみられることもあります。中耳がんの症状としては、頑固な耳痛や頭痛、難聴、悪臭のする耳漏(耳だれ)の増強、突然のめまい、嘔吐などの初期症状がみられます。
とくに高齢者の慢性中耳炎で、悪臭のする耳漏が増加したり、頑固な耳痛、頭痛があるときは中耳がんが疑われます。

腫瘍の増大にともなって顔面知覚異常、角膜反射消失などの三叉神経症状や、顔面神経麻痺、味覚異常などが生じます。さらに進行すると、脳が圧迫されてお酒に酔ったような歩行(小脳症状)がみられたり、うっ血乳頭(視神経のうっ血)などが現れたりします。

行なわれる検査と判定
外耳道がんや中耳がんの場合には耳鏡検査が重要です。そのほかX線検査、側頭骨断層撮影、造影剤を用いたCT検査、MRI検査で詳しく調べます。最終的には組織を採取して顕微鏡で調べる病理組織学的検査によって診断が下されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。