抗がん剤について

国内では現在、厚生労働省による承認済みと未承認を含めて100以上の抗がん剤が使用されています。その中には飲み薬(経口薬)もあれば、注射(注射薬)もあります。また、その投与期間や作用機序もさまざまです。
諸外国を含めると、世界各国で作られている抗がん剤の種類は数百にのぼるとされています。

抗がん剤について

当サイトでは、代表的な抗がん剤であるアルキル化剤プラチナ製剤植物アルカロイド代謝拮抗剤ホルモン剤生物学的応答調節剤抗がん抗生物質、分子標的薬(シグナル阻害剤血管新生阻害剤抗体製剤(モノクローナル抗体)プロテアソーム阻害剤など)の特徴、はたらき、代表的な薬、そして副作用を解説しています。

抗がん剤の効果と副作用
がんが早期の段階で発見され、狭い範囲にとどまっていれば、手術によって切除したり、放射線による治療が有効です。しかし、がんが進行するとリンパや血液に乗って、全身に転移していきます。
こうした患者さんに対しては、局所的な治療ではなく、抗がん剤治療のように、全身に効果を発揮する治療法が必要となります。抗がん剤にはがん細胞を殺したり、その増殖を抑えることでがんを抑える働きがあるからです。特にがん細胞が細胞分裂をして増殖している時がもっとも有効です。
急性白血病、悪性リンパ腫、小児がんなどでは、抗がん剤だけでがんが治癒する場合が多く見られます。

しかし、抗がん剤の強い効果を期待して、むやみにたくさんの量の抗がん剤を使うと副作用も非常に強くなります。それは、がん細胞だけでなく正常な細胞にもダメージを与えるためです。
そのため、抗がん剤は「効果」と「副作用」のバランスを考えながら使うことが重要になってきます。

また、抗がん剤を使うことによって、がん細胞をおさえることができたとしても、副作用で苦しむ期間が長ければ、患者さんに苦痛を与え、あまりよいこととは言えません。
そこで、抗がん剤を使うときはQOL(Quality Of Life=生活の質)の改善を考えることが非常に重要になります。

抗がん剤の「効く」とは?
薬局で「この風邪薬はよく効きますよ」と言われれば、私たちは、その風邪薬で風邪が「治る、症状がおさまる」と考えますよね?実際その通りなのですが、抗がん剤の場合は少し違います。
例えば、肺がんの患者さんにゲフィチニブ(商品名:イレッサ)を投与したとします。
肺がんの場合はCTなどの画像診断で、がん細胞が50%以上縮小していれば「効いた」と判断します。縮小が確認された期間が一時的で、その後にがんが大きくなって元の大きさに戻ったとしてもです。

つまり、抗がん剤での「効いた」は完治を意味するのではなく(もちろん完治が望める場合も多々あります)、「患者の寿命が延びる」あるいは「寿命の延長効果は望めないが、がんが小さくなって苦痛が軽減される」という効果を表現していることが多いのです。
しつこいようですが、完治する患者さんもたくさんおられます。あくまでも抗がん剤における「効いた」という表現の意味についての話です。抗がん剤の効果は、次のような基準によって判定します。

1. 完全寛解(CR=コンプリート・レスポンス)
腫瘍がすべて消失し、その状態が4週間以上続いている場合。この状態を長く続けることで治癒に結びつく。

2. 部分寛解(PR=パーシャル・レスポンス)
腫瘍の縮小率が50%以上で、新しい病変の出現が4週間以上ない場合。
完全に治ったわけではないが、薬がよく効いていて、ほとんどの症状は消失している。

3. 不変(SD=ステイブル・ディジィーズ)
腫瘍の大きさがほとんど変わらない場合(正確には、50%以上小さくもならず、25%以上大きくもならない場合)。がんは放置すればどんどん大きくなるので、大きさが変わらないのは、薬の効果があったことを意味している。

4. 進行(PD=プログレッシブ・ディジィーズ)
腫瘍が25%以上大きくなった場合、もしくは別の場所に新たな腫瘍ができた場合。

以上の4段階で判定し、完全寛解、部分寛解、不変だった場合には、その治療の効果があったと考えます。

なお、日本における抗がん剤の認可基準は、上記リストの2.部分寛解(腫瘍の縮小率が50%以上で、新しい病変の出現が4週間以上ない状態)が、20%の患者さんで認められることとされています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。