抗がん剤:抗がん抗生物質とは?

抗がん抗生物質の特徴
抗がん抗生物質は数が多いですが、共通している特徴としては、細胞内の遺伝子DNAやRNAに直接作用してがん細胞を殺すという点が挙げられます。
例えば、使用頻度の高いブレオマイシンという抗がん抗生物質は、がん細胞の中で抗生物質を発生させ、それがDNAを傷つけるために、がん細胞は死ぬことになります。
また、ドキソルビシンという抗生物質は、DNAを繋ぎなおす役割を持つ酵素の働きを妨害して、がん細胞のDNAを切断したままの状態にします。
抗生物質の多くは、細胞内のDNAの複製を妨害するので、活発に分裂する細胞ほど、抗生物質が効果を発揮することになります。

代表的な薬
抗がん剤として用いられる抗生物質は数多くあります。使用頻度の高いものとしては、日本で発見され世界的にも広く使われているマイトマイシンCやブレオマイシンのほか、アクチノマイシンD、ドキソルビシンなどが挙げられます。(参考:抗がん性抗生物質の一覧

抗がん抗生物質の投与法
一般に静脈への点滴や注射などによって投与しますが、この際に薬が少しでも皮膚に付着すると、皮膚や皮下組織に強い炎症を引き起こす恐れれがあるので細心の注意が必要となります。
ブレオマイシンはそのほか、筋肉注射や皮下注射、皮膚がんに対しては軟膏の形で塗布する場合もあります。

治療対象となるがん
ブレオマイシンは扁平上皮がんに効果が高いとされているほか、精巣腫瘍皮膚がんなども治療対象となっています。
マイトマイシンCやドキソルビシンは白血病リンパ腫などの血液がんをはじめ、消化器系のがんや肺がん乳がん子宮がんなどの固形がんなどにも幅広く使用されています。
アクチノマイシンDは、生殖細胞系のがんが多い子供のがんや卵巣がん、精巣腫瘍などの生殖器系のがんに効果を発揮します。

抗がん抗生物質の副作用
ほかの抗がん剤と同様に、血球や血小板の数が減少してしまう骨髄抑制が代表的な副作用となっています。
ブレオマイシンは骨髄抑制の発生率は低い反面、肺線維症を引き起こす場合があるので、患者の呼吸機能を観察しつつ投与をします。
ドキソルビシンは投与量が多くなると、心筋障害を引き起こす可能性が高くなるので、決められた最大投与量を厳守することが大切です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。