抗がん剤:ホルモン剤とは?

ホルモン剤の特徴
ホルモン剤の特徴は、がんを死滅させるのではなく、がんの増殖を止めて活動休止状態にさせる点にあります。このため、がんが完全に治癒することはありませんが、がんの進行を遅らせたりでき、ほかの抗がん剤のように強い副作用もあまりありません。
欧米では、がんの発症リスクの高い人に対して予防的に投与されています。

アナストロゾール(商品名:アリミデックス)

ホルモン剤の種類

性ホルモン(ホルモン剤)
男性ホルモンによって増殖するがんには女性ホルモンを投与、女性ホルモンによって増殖するがんには男性ホルモンを投与、というふうに『逆の性ホルモン』で性ホルモンのはたらきを妨げます。

抗ホルモン剤
ホルモンに似せた物質をつくってがんの病巣へ送り込み、がん細胞の中にある受容体(ホルモンを受け取る物質)と結合させ、がん細胞の増殖指令伝達を阻害します。

ホルモン生成阻害剤(アロマターゼ阻害剤)
性ホルモンの生産を止める薬です。女性ホルモンであるエストロゲンは女性の卵巣から分泌されるではありません。副腎から分泌される男性ホルモン(テストステロン)がアロマターゼと呼ばれる酵素によってエストロゲンへと変化します。
そこで、このアロマターゼの働きを抑えることによって、エストロゲンの生産を抑えようと開発されたのがアロマターゼ阻害剤です。

代表的な薬
近年では性ホルモンが使われる機会は少なくなってきていますが、前立腺がんにはエストロゲン製剤が、乳がんや子宮がんにはプロゲステロン製剤が用いられています。
ホルモン剤のなかでがん治療に最もよく用いられているのは抗ホルモン剤で、タモキフェシン、ラロキシフェン、トレミフェン、フルタミドなどがあります。
閉経後の乳がんに効果があるとされているアロマターゼ阻害剤(ホルモン生成阻害剤)には、アナストロゾール、エキセメスタンなどがあります。(参考:ホルモン剤の一覧

ホルモン剤の投与法
液剤や錠剤の形で毎日服用する経口剤が主流です。

治療対象となるがん
男性では前立腺がん、女性は乳がん子宮体がん卵巣がんといったように生殖器のがんが対象となります。ただし、『性ホルモンで成長する』がんのみが対象ですので、がんがホルモンによって成長しない場合には、この抗がん剤は効果を示しません。

ホルモン剤の副作用
重大な副作用としては、稀に血栓症や心臓の障害を起こすことがありますが、ホルモン剤とともに血液凝固阻害剤を服用することで予防は可能です。
ホルモン剤は性ホルモンを抑制するので、眩暈、頭痛、倦怠感、性欲の減退(男性)、膣の乾燥(女性)などの更年期障害の症状が現れます。
ただし、抗がん剤全体から見ると、比較的副作用は少ないと言えるでしょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。