PET検査とは?

PET検査とは、ブドウ糖と結合した放射性物質(FDG)という検査薬ががんに取り込まれて集積しやすいという特性を利用し、がん細胞の位置を確認して、検出する検査です。
普通のシンチグラフィーでは、一方向の放射線をとらえますが、PETの場合は、多方向の放射線をとらえるので、体の各断面を映し出せます。それだけ、より詳しく調べることができます。
近年は、PETとCTを組み合わせたPET-CTも開発されており、より精度の高い画像を得られるようになっています。

PET

PET検査で何がわかるのか?
PET検査は、薬剤の集まり具合を診ることで、腫瘍の悪性・良性の診断ができます。
従来の検査では発見が難しかった小さながんや、リンパ節に転移したがんが発見できます。
PET検査は一度で全身のスクリーニングを行えるため、予期せぬところにできたがんを発見することもできます。転移・再発がないかを確認したり、がんの進行度を診断するのにも役立っています。

また、現在行なっている治療効果の判定にもPET検査は有効です。
治療後、画像検査を行なうと、がんが死滅して残骸が画像に移る場合と、まだ残っている病巣が写る場合があります。普通の画像検査では、どちらかは鑑別できませんが、PETを使えば鑑別できます。

ただ、PET検査はがんの早期発見に大変有用ですが万能ではありません。
肺がん、大腸がん、乳がん、子宮がん、甲状腺がん、悪性リンパ腫などの多くのがんには有効ですが、胃がん、腎臓がん、前立腺がん、膀胱がんなどには不向きとされます。

PET検査はどのような検査か?
検査着に着替えて、ベッドに横になって静脈からブドウ糖と結合した放射性物質(FDG)を注射します。
体内にFDGが十分に行き渡るように、安静にして待ちます。その後、シンチカメラで撮影し、コンピューターで画像化します。検査は全身を撮影するので約1時間かかります。

検査を受けるときの注意

  • 検査前後の2時間は絶食、絶飲します。
  • 放射性物質を用いるので、妊娠中かその可能性のある人は予め申し出てください。
  • 使用されたFDGは、尿として体外に排出されますので、トイレの後よく手を洗うよう心がけてください。
  • PETは特殊な検査機器が必要ですので、一部の医療機関でしか行なえません。

異常があったらどうするか?
がん検診の標準的なコースには、PET以外に、MRIやCT、エコー、採血などの検査が含まれていることが多く、その場合、PETと前後してほかの検査を行います。それらの結果と対比して診断がなされ、治療方針が決定されます。

異常な場合に疑われる病気
各臓器のがん、脳腫瘍、脳出血、脳梗塞、アルツハイマー病、パーキンソン病など

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。