MRI検査とは?

MRI検査とは、磁気と電磁波、それに水素原子の動きを利用して、体の断面を撮影する検査で、磁気共鳴画像検査ともいいます。
水素には、時期に反応する性質があるため、磁場をつくる装置の中で体に電磁波を当てると、体内の水素が反応して信号を発します。その信号を捕らえて、コンピューターで解析して画像にします。
CT検査では、体を輪切りにした横断面が主体ですが、MRI検査では、縦、横、斜め、あらゆる方向から撮影することができます。X線を使わないので、放射線による被爆の心配もありません。

MRI

MRI検査で何がわかるのか?
CT検査と同様、腫瘍の大きさ、形、位置、腫瘍の数などがわかります。
X線を使う検査では、骨が白く写るので、骨が多い部位は移しにくいのですが、MRI検査では、脳や脊髄、骨に囲まれた臓器でも鮮明に写すことができます。骨の硬い部分はほとんど水分を含まないので、MRI検査では写らないためです。
一方、肺のように、水分が少なく、空気の多い臓器の検査にはあまり適していません。

MRI検査は、胆管や膵管を調べるMRCP(磁気共鳴胆管膵管撮影)にも応用されています。
胆管や膵管の検査法には、内視鏡を使ったらERCP(内視鏡逆行性胆管膵管造影)がありますが、最近は、患者の身体的負担の軽いMRCPが主流になってきています。

また、MRIで血管を撮影して、コンピューターで処理するMRA(磁気共鳴血管撮影)も行なわれます。がんの組織は血流が豊富で、周囲には新しい血管(新生血管)がたくさんできます。
この検査で、がんに栄養を送っている血管の位置や数などがわかります。
そのほか、肝臓に送り込まれるMRI専用の特殊な造影剤もあります。この造影剤を用いて、MRI検査を行なうと、がん細胞がより黒く映し出されます。

MRI検査はどのような検査か?
検査着に着替えて、MRI装置のベッドに仰向けに寝ます。このベッドは電磁波を発生させるガントリーと呼ばれる大きな円筒状の穴にスライドします。
ガントリーは少し長いトンネル状で、そこに入ると、工事現場のような音が耳元で連続して聞こえますが、できるだけ動かないようにしてください。検査時間は30〜50分です。

検査中の痛みはありませんが、騒音が苦手な人や閉所が嫌いな人は苦痛を感じるかもしれません。装置内にはマイクがありますので、気分が悪くなった場合は遠慮せずに申し出ましょう。
検査後は安静の必要もなく、食事も普段どおりにしてかまいません。

検査を受けるときの注意

  • 腹胸部の検査や造影MRIの前には食事制限がかかります。
  • 腹部の検査で腸の蠕動(ぜんどう)運動が激しいと画像が不鮮明になるので、検査直前に蠕動運動を鎮める薬を注射する場合があります。
  • X線と違って被爆の心配はありませんが、念のため妊娠中の人は申し出てください。
  • 心臓ペースメーカー、心臓人工弁を入れている人は検査を受けることはできません。
  • 脳動脈瘤でクリッピング手術を受けた患者さんは、注意が必要です。クリップが磁性体だと、磁力によって移動してはずれ、再出血の恐れがあります。ただしクリップが非磁性体の場合もありますので、医師に相談してください。
  • MRI装置の内部は、磁場となるので、磁気に影響する金属製のアクセサリー、留め金のついた衣服、腕時計などはずしておいてください。

検査結果の判定
あらゆる臓器の任意の断面が画像化され、腫瘍や血栓や梗塞、動脈瘤などが発見できます。
画像の読み取りは専門医が行ないます。MRIだけで診断がつく場合もありますが、通常は超音波検査や血管造影検査など、ほかの画像検査の組み合わせにより診断されます。

異常があったらどうするか?
腫瘍などが疑われる場合、それががんであるかどうか組織の一部を採取して病理組織検査細胞診を行なったり、腫瘍マーカー検査などを行ないます。

異常な場合に疑われる病気
あらゆる臓器のがん、腫瘍、結石、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血、動脈瘤など

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。