このサイトで解説している「がんの検査」の早見表です

近年のがん治療技術の向上は著しいものがあります。しかし、がんの進行が一定レベルを超えていたり、転移していたりすると、最新の治療技術をもってしても、完全治癒は難しくなってしまいます。
がんは、発症初期においては症状を現さないものがほとんどです。だからこそ、この時期に定期健診を受けて早期に発見し、治療をすることができれば、がんは決して恐れる病気ではありません。

がんの検査について

職場の検診や自治体では、胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮がんなど主要ながんのスクリーニング(ふるいわけ)検査を実施しています。
また、人間ドックにおいても、この検査を実施している医療機関が増えてきました。
こうした機会や施設を積極的に利用して、定期的に検査を受けることが何よりも大切だと思います。

以下のリストはこのサイトで紹介している、「がんの検査」の一覧です。
青いリンクをクリックすると、各検査の詳細ページに移動します。
がんは、その性質や進行によって治療法は変わります。その人にあった最適な治療法を決定するためには、的確な検査に基づく、正しい診断が必要です。
各検査ページの解説が、検査前の予備知識の習得や不安感の解消に繋がれば幸いです。

  1. 病理組織検査…病変部の組織片を採取して調べ、病気を診断する検査です。
  2. 細胞診…臓器の剥がれた細胞を採取、観察して、正常なものと比較する検査です。
  3. 腫瘍マーカー…腫瘍の発生やその種類、進行度などを判断する手がかりになります。
  4. MRI検査…磁気と電磁波、水素原子の動きを利用して、体の断面を撮影する検査です。
  5. シンチグラフィー…腫瘍やがん、がんの骨への転移などを見る際に行なわれます。
  6. PET検査…放射線物質を利用し、がん細胞の位置を確認して、検出する検査です。
  7. 胸部X線検査…一般診療や健康診断などでも実施される単純撮影のことです。
  8. 胸部CT検査…肺がんの診断には、いまや欠かせない検査となっています。
  9. 気管支内視鏡検査…ファイバースコープで気管や肺の内部を観察する検査です。
  10. 喀痰検査…痰を調べて、肺や気管支など呼吸器のさまざまな情報を得る検査です。
  11. 上部消化管X線造影検査…いわゆる胃のバリウム検査です。
  12. 上部消化管内視鏡検査…一般に胃カメラといわれている検査です。
  13. ピロリ菌検査…ピロリ菌は胃炎や胃潰瘍、胃がんの原因になるといわれています。
  14. 腹部超音波検査…高周波の音を利用して、腹部内臓器の病変部を観察します。
  15. 腹腔鏡検査…腹部の臓器を直接観察したり、組織を採取して生検をおこないます。
  16. 注腸X線検査…下腹部をX線撮影して大腸を写し出し、病変を発見する検査です。
  17. 下部消化管内視鏡検査…内視鏡を挿入し、大腸の粘膜の病変を直接観察します。
  18. 前立腺針生検…前立腺に針を刺して疑わしい組織をとり、がん細胞を調べる検査です。
  19. 直腸診…患者の肛門に医師が指を挿入して、肛門や直腸下部の病変を探る検査です。
  20. 便潜血反応…大腸がんや大腸ポリープのスクリーニング検査として重要です。
  21. 膀胱鏡検査…実際に尿道と膀胱を観察して、病変の状態を知ることができます。
  22. マンモグラフィー…乳がん検査の基本です。乳房をX線を撮影します。
  23. マンモトーム生検…乳がんかどうかの最終診断のため、装置で組織を採取します。
  24. コルポスコープ診…主に子宮頚部や膣壁を拡大して精密に観察する検査です。
  25. γ-GTP…血液中に増えたときには、肝臓、膵臓、胆道系の病気が考えられます。
  26. LAP…胆道系酵素と呼ばれ、肝臓や胆道の病気を診断する手がかりとなります。
  27. A/G比…肝臓病などの病気の診断や重症度をより詳しく判定する検査です。
  28. GOT、GPT…肝臓病を見つけ出すスクリーニング検査として重要です。
  29. ペプシノーゲンT/U比…胃がんのスクリーニング検査として有用です。
  30. ICG試験…肝臓の障害がどの程度まで進んでいるかを測る検査です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。