病理組織検査とは?

病理組織検査とは、病変部の組織片を採取して調べ、病気を診断する検査で、特にがんの最終的な確定診断のために重要な検査です。生検(バイオプシー)とも呼ばれています。
がんの組織型(扁平上皮がん、腺がん、未分化がんなど)、悪性度もわかり、的確な深慮方針を決定することができます。

胃がんの組織写真

病変組織は、各臓器の一部から、内視鏡や腹腔鏡、穿刺針、その他の専門器材で採取します。
採取した組織片は、ホルマリンやパラフィンで固定し、それを薄くスライスして標本をつくり、染色した後に顕微鏡で観察します。

病理組織検査は、手術を実施している途中に、切除する範囲を決めるために行なうこともあります。これを術中迅速検査といいます。
その場合は、手術方針の検討を迅速に行なうために、時間がかかるホルマリン、パラフィン固定をしないで検査することが多くなります。

病理組織検査は細胞診と似ていますが、その正確さ、精密さの点で、細胞診より優れています。しかし、臓器によっては細胞診の方が適している場合もありますので、検査をする臓器によって両方を使い分けています。

病理組織検査で何がわかるのか?
病変が腫瘍性か非腫瘍性か、良性か悪性か、悪性ならその程度はどうかなどがわかります。これらを検討して、診断の確定と治療方針の決定がなされます。

検査結果の判定
顕微鏡による検査では、検体を染色して観察します。
各臓器の組織は、それぞれ特有の細胞によって構成されていますが、がんが生じると、がん特有の変化を示します。(上の写真は胃がんの組織写真の例です)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。