細胞診とは?

臓器の粘膜や粘液、痰、胸水、腹水、胃液、尿などには、臓器の剥がれた細胞が混じっています。これを採取・染色して、顕微 鏡で観察し、正常なものと比較する検査が細胞診です。

病気の診断のほとんどは血液や尿の検査、画像診断などでつけられますが、腫瘍が発見され、それが良性か悪性(がん)かを判定するの困難な場合は、細胞診が決め手になることがあります。

擦過細胞診で子宮頸がんの細胞を発見

細胞の採取方法は、病変部の場所や性格によって異なります。

  1. 剥離細胞診…病変部から剥がれて痰、尿、乳汁、腹水などに混じった細胞を調べる方法
  2. 擦過細胞診…ブラシや綿棒で病変部を擦り、細胞を採取して調べる方法
  3. 穿刺吸引細胞診…注射針を病変部に刺し、細胞を吸引採取して調べる方法
  4. 捺印細胞診…摘出した細胞をガラス板に押し付け、細胞を採取して調べる方法

細胞診の分類
細胞診の判定はパパニコロウ染色という方法がよく用いられ、以下の5段階で行なわれます。

  • クラスT…異型細胞が認められない
  • クラスU…異型細胞は認められるが、悪性の疑いはない
  • クラスV…異型細胞は認められるが、悪性と断定できない
  • クラスW…悪性の疑いが濃厚な異型細胞を認める
  • クラスX…悪性と断定できる異型細胞を認める

検査結果の判定
T、Uであれば陰性で異常なしと判断されますが、Vであれば疑陽性で、がんかどうかの判別が難しく、精密検査が必要になります。
Wは陽性で、ほぼがんと診断されますが、念のため精密検査が行なわれます。
Xは明らかにがんと確定診断されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。