コルポスコープ診とは?

コルポスコープ診とは、膣拡大鏡(コルポスコープ)を膣内に挿入して、主に子宮頚部(子宮の膣に出ている部分)や膣壁を拡大して精密に観察する検査のことです。
疑わしい部位を特定し、組織の一部を切除して調べる組織診を行うこともあります。
子宮がん検診で細胞検査と合わせて、広く行なわれています。

子宮がんの早期発見に欠かせません

コルポスコープ診で何がわかるのか?
子宮がんは子宮頚部に出現することが多く、その早期診断のために行ないます。
コルポスコープは6〜40倍に拡大して観察することが可能ですので、肉眼では見られない病変を発見することができます。

コルポスコープ診はどのような検査か?
下ばきを脱ぎ、婦人科の診察台にのります。機械で膣を開いて、コルポスコープを挿入して、観察します。

検査を受けるときの注意
下ばきの着脱の簡単な服装で受診します。診察のときには、リラックスして体の力を抜きましょう。緊張していると膣を広げるときに、苦痛を感じることがあります。

検査結果の判定
子宮頚部の粘膜と血管の変化を観察し、組織細胞診の結果とあわせて診断します。

異常があったらどうするか?
組織細胞診がまだなら、それを行ない診断結果に従って治療を進めます。

異常な場合に疑われる病気
子宮がん、子宮膣部糜爛、子宮頚管炎など

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。