腫瘍マーカー:CA125とは?

CA125は卵巣がんの腫瘍マーカーです。卵巣がんは症状が現れにくく、早期発見が困難ですが、CA125を調べると早期から高い確率で陽性になります。また、がんの進行とともに陽性率、測定値とも上昇するため、治療効果の判定や再発予測の手段としても重要です。
ただし、卵巣以外のがんでも上昇するので、他の検査結果と合わせて総合的に判断します。

CA125の基準値
基準値は、一般的には35U/ml以下となっていますが、閉経前の女性は、閉経後の女性や男性よりも高い平均値となっています。月経周期とも関連がありますが、基準値内の変動にとどまります。
妊娠初期には陽性になることもあります。

異常値と疑われる病気
卵巣がん子宮がんでは陽性になる確率が高くなっています。しかし、この数値だけで判断することはありません。ただ、500U/mlを越えていれば、卵巣がんの確率が極めて高くなります。
また、すい臓がん肺がん大腸がんの可能性も考えられます。
加えて、子宮内膜症、良性卵巣腫瘍、骨盤内炎症性疾患、子宮筋腫、肝硬変、腹膜炎、急性膵炎でも値が上昇します。

異常値のときどうするか?
数値が高いと、婦人科系疾患、特に卵巣がんの発症を推定することができます。
子宮内膜症や子宮頚部のがん、あるいは良性腫瘍などでも高い数値を示すことがありますから、ほかの検査を受け、その結果と照らし合わせたうえで診断を下します。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。