皮膚がんとは?

皮膚の外側の表皮細胞、そして毛包、汗腺などの皮膚付属器の細胞が悪性化したものを総称して「皮膚がん」といいます。やけどや外傷あとのひきつれ、ほくろなどが変化して発症することが多いです。皮膚にできるので観察しやすく、早期発見して治療を行なえば、悪性の場合でも完治させることができます。
皮膚がんの代表的なものが、有棘細胞、基底細胞、色素細胞から発生するがんです。もっとも悪性なのが、悪性黒色腫(メラノーマ)で、脳軟膜や眼球脈絡膜にも発生します。

悪性黒色腫(メラノーマ)の画像です

有棘細胞がんは、中高年の人の顔や手の甲に多く見られ、やけどあとのひきつれ、放射線治療後の慢性皮膚炎、紫外線によるしみ、脂漏性角化腫(老人性のいぼ)などから生じやすいとされています。

症状:有棘細胞がんの症状は、発生部位や発生原因によってさまざまです。一般に、比較的大きく、ふぞろいな形の紅色をした皮膚の盛り上がりで肉のかたまりのくずれたもののように見え、表面にびらんや潰瘍を伴って出血しやすく、つまむとしこりを触れるような場合は要注意です。大きくなると腫瘍の形はカリフラワーにたとえられることもあります。
それ以外に自覚症状は特にありませんが、有棘細胞がんは腫瘍の表面が弱くなっているので一般細菌による感染をおこしやすく、膿をもったり悪臭を放ったりします。

治療:がんの部分を切除すれば完治します。リンパ節に転移した場合は、抗がん剤や放射線の併用が効果的です。

基底細胞がんは、皮膚がんの中では最も発生頻度が高く、中高年に多発します。約80%が顔面に生じます。長い年月、皮膚が日光に当たるのが原因です。

症状:初期症状として最も多いのは「ほくろ」と勘違いされる小さな黒いおできです。
これが通常は数年間かかって徐々に大きくなり中心部は崩れ、周辺部は堤防状に盛り上 がった黒いおできが並びます。多くは上下の瞼・鼻・上口唇のまわりに発生します。
まれに湿疹やキズが治った跡のような、がんには見えないような皮疹もあります。たいてい、痛みや痒みなどの自覚症状はありません。

治療:早期に切除すれば完治が期待できます。放射線、抗がん剤も使います。

悪性黒色腫(メラノーマ)は全身に発生し、進行が速く転移しやすい悪性度の高いがんです。日光に長期間あたる顔や首に多発し、外傷、靴擦れ、凍傷、やけどのあとが誘因となります。脳や眼球、口腔粘膜にもみられます。

症状:黒あるいはまだらな黒褐色の斑か結節があらわれます。大きさ、形はさまざまです。2〜3ヶ月で急に大きくなり、赤くただれて出血するのが特徴です。爪では、まだらな黒褐色の色素沈着が広くでき、やがて崩れていきます。
突然、手のひらや足の裏に黒色斑が出て、急に大きくなったりした場合は、皮膚科を受診してください。

治療:がんの周辺皮膚を含めて切除します。多臓器への転移を予防するために、リンパ節の切除も必要です。抗がん剤、放射線療法も併用します。

行なわれる検査と判定

  • 組織検査
  • 胸部X線検査
  • 腹部超音波検査
  • CT検査
  • MRI検査
  • シンチグラフィー

皮膚がんの判定のポイント
皮膚がんをよく診ている皮膚科専門医であれば、病変の視診によって、皮膚がんかどうかの判別は ある程度つきます。医療機関によっては、患部を拡大して観察できるデルマトスコープや、拡大した病変部をモニターに映しだすビデオマイクロスコープを用いているところもあるようです。

確定診断のためには、局所麻酔をして病変の一部を切除し、顕微鏡で観察する病理組織学的検査が行われます。悪性黒色腫では、患部にメスを入れるとがん細胞が散らばって、転移を促す危険があります。

そこで、悪性黒色腫の疑いがある場合には、一部をとるのではなく、最初から病変全体を切除し、その場ですぐに顕微鏡で観察する迅速組織検査という方法がとられます。
検査の結果、悪性と判断した場合には、その場でより広い範囲を切除するか、4週間以内に再手術によって、さらに広範囲の切除が行われます。
悪性黒色腫になると、血液中に5Sシスチニールドーパというメラニン代謝物質が増加するので、血液検査も参考にされます。

皮膚がんと確定したら、腫瘍の広がりの程度や転移の有無を調べて病期を確認します。胸部X線検査腹部超音波検査全身シンチグラム、CT検査、MRI検査などの画像診断が必要に応じて行われ、そのうえで治療法が決定されます。