胸部X線検査とは?

胸部X線検査とは、スクリーニング(ふるいわけ)検査として、一般診療や健康診断などでも実施される単純撮影のことを指します。エックス線は人体を通り抜けますが、骨のように通り抜けにくいところがあるため、通り抜けたX線を画面に写すと濃淡ができ、体内の様子を知ることができます。

胸部エックス線の画像です

胸部X線検査は、X線検査の中で最も簡単な検査方法ですが、肺や心臓、肺の間にある縦隔などの期間の病気について、様々な情報を得ることができますので、幅広く行なわれています。

胸部を平面として撮影する単純X線検査と、断面として撮影する断層撮影検査とがありますが、単に胸部X線検査といえば、前者を指します。この検査で異常が認められれば、断層撮影検査も行ないます。

胸部X線検査で何がわかるのか?
肺炎、肺結核、肺がん、肺気腫、胸水、気胸、縦隔腫瘍をはじめとする呼吸器系疾患の有無、その程度を知ることができます。そのほか、心拡大も判定できます。

胸部X線検査はどのような検査か?
X線撮影室に入り、上半身は裸になるか、金具のついていない下着1枚になります。フィルムの入った撮影装置に胸を押し付けて、息を十分に吸ったところで息を止め、背中からX線を照射します。
さらに、横を向いて胸の側面を装置につけて、横からも撮影します。側面から撮影すると、心臓と肺が重なり合ったり、骨の陰になって映りにくい部分も写し出すことができます。

照射時間は1回0.02秒程度で、検査は3分もあれば終了します。苦痛は全くありません。単純撮影ではX線量も少ないので、副作用の心配はほとんどありません。

検査を受けるときの注意

  • 金具などのついた下着は避けましょう。
  • 撮影のとき、息を大きく吸ったあと息を止め、体を動かさないようにします。
  • 妊娠しているとき、あるいは妊娠の可能性があるときは、必ず事前に申し出ておきましょう。
  • 最近、他の医療機関などでX線検査を受けた場合も、その内容を事前に報告しておきます。

検査結果の判定
X線が通るところは黒く写り、通りにくいところは白っぽく写りますから、その影を観察することで判定します。
がんは不整な円形の白い影が見られます。肺結核や肺炎などで炎症が起こっていると、境目のはっきりしないような白い影が見られます。肺に穴のあく気胸では、胸膜にたまった空気が黒い影になって写ります。

異常があったらどうするか?
肺がんが疑われるときには、胸部CT検査喀痰検査気管支内視鏡検査、腫瘍マーカー(CYFRA、SCC)などの精密検査を受けます。
その他の肺の病気でも、X線断層撮影や肺機能検査などの専門的な検査を受けます。

異常な場合に疑われる病気

  • 肺…肺がん、肺結核、肺炎、気管支炎、肺気腫、気胸、胸膜炎、胸水など
  • 心臓…心肥大、心拡大、胸部大動脈瘤など
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。