気管支内視鏡検査とは?

気管支内視鏡検査とは、ファイバースコープという細い管を口から挿入して、気管や肺の内部を観察する検査です。胸部X線検査喀痰検査胸部CT検査で、肺がんが疑われるとき行なう最終検査です。

気管支の内視鏡画像です

気管支を観察しつつ、がん細胞らしき病変があれば、その場で病変の一部を採取したり(生検)、ブラシで病変部を擦り取ったり(擦過)して、その細胞を病理検査し、がんの確定診断をします。
そのほか、肺結核、サルコイドーシス、肺線維症などの診断や、血痰、喀血時の出血部位の確認などにも、この検査が行なわれます。

気管支内視鏡検査で何がわかるのか?
病変の場所、状態、大きさなどがわかります。採取した細胞を顕微鏡で調べることによって、がんの確定診断が下せます。肺がんのほか、気管支炎、気管支拡張症、肺線維症などの診断に役立ち、出血している場所の確認も行なわれます。

気管支内視鏡検査はどのような検査か?
検査着に着替え、咳や分泌物を抑える注射をした後、喉にスプレーを吹きつけ麻酔をします。
まず、ファイバースコープを円滑に挿入するためのチューブを通し、そのあとファイバースコープを入れていきます。ファイバースコープの太さはおよそ5mmで、喉を通るときに息が詰まるような感じがして吐き気をもよおす場合もありますが、すぐにおさまりますので心配はいりません。
検査時間は組織の採取も含めておよそ30分です。検査後1〜2時間の安静が必要となります。

検査を受けるときの注意

  • 前日の夕食を食べた後は絶食します。
  • 検査の前に深呼吸をして全身の力を抜きます。
  • ファイバースコープを口から気管に挿入するとき、咳や吐き気を催すことがありますが、我慢しましょう。咳がどうしても我慢できない場合は、咳止めの薬がその場で出されます。
  • 検査中は声が出せませんので、苦痛などがあれば手で合図をします。
  • 検査後2時間は飲食は禁止です。麻酔が残っているため、間違って気管に入ってしまうことがあるのを避けるためです。
  • 検査の後血痰が出ることがありますが、心配はいりません。あまり多く出るようであれば、医師に連絡しましょう。

検査結果の判定
病変の観察結果と、細胞診(7〜10日後)の結果によって、判定します。

異常があったらどうするか?
この内視鏡検査を行なえば、診断が確実なものになりますから、医師の指示に従って、治療を受けることが大切です。

異常な場合に疑われる病気
肺がん、気管支がん、気管支炎、肺炎、気管支拡張症、肺線維症、びまん性間質性肺疾患などの呼吸器系の病気

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。