胸部CT検査とは?

CT検査とは、人体を輪切りにした上体であてたX線をコンピューターで分析し、人体の横断面を画像に写し出す検査です。胸の部分に行なうのが胸部CT検査です。

胸部の断層面画像です

胸部CT検査で何がわかるのか?
胸部X線検査で何か異常所見が見つかって、その次の精密検査として胸部CTを撮影することはよくあります。とくに肺野の病変に関して肺炎や廃腫瘍をはじめとしてCTは非常に多くの情報をもたらします。

また胸部X線撮影で異常がなくても、症状などから病変が疑われるときにもCTをおこなうことがあります。胸部X線撮影に比べてCTのほうが、わずかな変化でも発見しやすいからです。

検査を受けるときの注意
CTを撮影できない人はほとんど居ませんが、胸部CTでは一部の心臓のペースメーカーが影響を受けることが明らかになっています。ペースメーカーを装着している人は必ず申告しましょう。

異常があったらどうするか?
CT検査で病気が発見されたら、それはほぼ確実な診断ですので、さらに必要な検査を受けるとともに、医師の指示に従って治療を進めます。

異常な場合に疑われる病気
肺がん、肺炎、肺結核、肺気腫、気管支拡張症など

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。