腫瘍マーカー検査とは?

臓器別に見る主な腫瘍メーカー

体のどこかに腫瘍ができると、血液中や排泄物中に、たんぱく質や酵素、ホルモンなどの特別な物質が増えてきます。それが腫瘍マーカーです。
腫瘍の種類や発症部位に特有の物質と、そうでないものがあります。それを検出するのが腫瘍マーカー検査で、腫瘍の発生やその種類、進行度などを判断する手がかりになります。

ただ、腫瘍マーカーの数値が高いからといって、腫瘍が確実に存在することを示すものではありません。また、それだけで腫瘍が良性か悪性(がん)かの判断はできませんし、どの臓器にがんができたかを特定することはできません。

さらに、がんの場合は初期には腫瘍マーカー値は異常を示しません。これは人によってそれらの物質の存在の有無やレベルが異なるうえ、仮に腫瘍ができていたとしても、腫瘍マーカーの出現や発生量が一様であるとはいえないからです。そのため、腫瘍マーカー検査は各種検査の補助手段として利用されたり、治療効果の測定に用いられるのが一般的です。

腫瘍マーカーの産生量に個人差があるとしても、その増減を測定することは患者個人にとっては有用です。例えば、腫瘍マーカーを継続的に調べ、それが増加傾向にあれば治療がよい方向に進んでいないことを、減少傾向にあれば治療効果が出てきていることを、また低値の一定レベルで安定するか消失すれば完治したことを、それぞれ判断する手がかりになるからです。

この検査の結果を得て、必要に応じて確定するための各種検査を実施すればよいのです。腫瘍マーカー検査の多くは簡単に行なえますから、その意味でも利用価値が大きいのです。

当サイトでは、腫瘍マーカーの中でも特によく使われるCA125CEAAFPCA19-9フェリチンPSATPACYFRA、SCCなどを解説しています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。