腫瘍マーカー:CA19-9とは?

すい臓がんや胆のう・胆管がんなどの消化器系のがんにおかされると、患者の血清中にCA19-9とよばれる物質が著しく増加します。そのためCA19-9は消化器がんの腫瘍マーカーとして広く用いられており、とくにすい臓がんの診断に役立っています。

しかし、全例が高値になるわけではなく(80%の陽性率)、また病気が進行しないと高値にならない場合もあります。そこですい臓がんでは、CA19-9だけではなくCEAとあわせて測定すると正診率は上昇します。

CA19-9は、ルイス抗原(血液型表現のひとつ)が陰性の人の場合は、すい臓がんでも高値になりません。この場合は、他の腫瘍マーカー(CEAやDupan-2、Span-1)によって検査をします。
すい臓がんの症状として血糖が高くなることがあります。糖尿病を治療している場合で、血糖のコントロールが急に悪くなったときはすい臓がんも疑い、CA19-9の測定を受けた方がよいでしょう。

CA19-9の基準値
ラジオイムノアッセイ法では37U/ml以下が基準値とされています10〜20歳代の女性の場合、やや高値になるといわれていますが、元年例といわれる40歳以後は、性別や年齢による変動はありません。

異常値と疑われる病気
CA19-9が高値を示すと、すい臓がん胆道がんなど、消化器系のがんが疑われます。
肝硬変、肝炎、慢性膵炎、胆石症などの、がんより良性の病気でもCA19-9が増加する事が知られています。ただし、その場合は37〜100U/mlとほとんどが比較的低い上昇を示します。
値が100U/ml以上の場合は、がんである確率が高いので、がんが発見できない場合でも経過観察が必要になります。

異常値のときどうするか?
消化器系を中心とした検査が必要です。肝機能検査やすい臓系の酵素などを組み合わせて検査していることが多いので、それらの結果を組み合わせて、どこの病気かを推測します。
次に、腹部超音波検査やCT検査、MRI検査などを行ない、さらに内視鏡を用いた膵管・胆管造影検査、上部消化管や大腸関係の検査も行ない、詳しい診断をします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。