腫瘍マーカー:PSAとは?

PSA(前立腺特異抗原)は、前立腺組織の腺上皮から特異的に作られて分泌される、糖たん白です。前立腺がんが疑われるとき、まず最初に行なうべきスクリーニング(ふるいわけ)検査として位置づけられています。また、がんの進行度をを鋭敏に反映するため、前立腺がんの早期発見とともに病期の推定、治療効果測定や予後予測にも用いられています。

PSAは、良性の前立腺肥大でも陽性を示します。この場合、前がん状態との鑑別が重要となりますので、慎重に経過を観察する必要があります。

PSAの基準値
代表的なタンデム-R PSA法による測定では、PSA値が4.0ng/ml以下を基準値とします。

異常値と疑われる病気
軽度上昇の4.01〜10ng/mlは、がんの疑いがあるグレーゾーンです。早期前立腺がんが考えられますが、ほかにも前立腺肥大や急性前立腺炎、急性尿閉など多くの病気も考えられるので、それらと鑑別するための検査が必要です。
10.1ng/ml以上の中等度〜高度上昇の場合は、がんの可能性が高いと判定されます。がんの病期や転移がんが進んでいるほど、PSA値は上昇します。

異常値のときどうするか?
PSA値が高くても、本当にがんかどうか、また、がんの進行度や広がりの程度までは分かりません。
まず、肛門から指を入れる直腸内触診(直腸診)で前立腺の状態を調べ、経直腸的超音波検査などを行ない、がんが疑われたら、組織片を調べる前立腺生検で確定診断をつけます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。