精巣腫瘍とは?

精巣(睾丸)は、男性の陰嚢内にある生殖器で、男性ホルモンを分泌したり、精子を作る働きをしています。精巣腫瘍にはいくつかの種類がありますが、そのほとんどは精巣の中にある精巣細胞という精子の元になる細胞ががん化して発生します。胚細胞腫とも呼ばれます。

精巣(睾丸)のイラスト

精巣腫瘍は比較的まれな腫瘍です。しかし、20〜30歳代の若い人に最も多く発症するため、社会的に影響の大きいがんといえます。
精巣腫瘍は、組織型の違いによってセミノーマ非セミノーマに大きく分けられます。非セミノーマは、さらに胎児性がん、卵黄嚢腫瘍、絨毛(じゅうもう)がん、奇形腫に分類されます。
精巣腫瘍は、進行がはやく、転移しやすいがんです。脇の下や足の付け根のリンパ節に転移し、そのしこりに触れることで異常に気付く人も少なくありません。また、肺、脳、肝臓、骨といった組織のも転移します。
このように、精巣腫瘍は悪性度の高い腫瘍ですが、早期に発見して治療すればほとんどは治癒できます。

精巣腫瘍の症状と経過
精巣は、左右に1つずつありますが、精巣腫瘍の大部分は、片方だけの精巣に発症します。したがって、精巣に腫瘍ができると、片方の精巣に硬いしこりができて、陰嚢が腫れてきます。見た目に陰嚢が大きくなってきたり、左右の大きさが異なるようになります。また、入浴時など、陰嚢に触れたときに、硬さや凹凸を感じたりする場合も注意が必要です。

精巣腫瘍は、小さい段階では痛みはありませんが、しこりが大きく腫れてくると、痛むこともあります。注意する点としては、陰嚢水腫や精巣上体炎などでも似た症状が見られますので、安易な自己判断は禁物です。必ず泌尿器科で診療を受けましょう。

行なわれる検査と判定

  • 触診
  • 超音波検査
  • MRI検査
  • 腫瘍マーカー(AFP、β-HCG、LDH)
  • 腹部超音波検査(以下の検査では転移病巣を調べます)
  • 胸部X線検査
  • CT検査
  • 骨シンチグラフィー

精巣腫瘍の判定のポイント
精巣腫瘍は、泌尿器科の専門医であれば視診と触診でだいたいの診断はつきます。しかし、確実に診断するためには超音波検査が必要です。超音波検査では、精巣腫瘍にに陰嚢水腫が伴っているような、区別が難しいケースでも、診断できます。
超音波検査で診断が難しいと判断された場合は、MRI検査を行います。また、精巣腫瘍が産生する腫瘍マーカーについても調べます。「AFP」と「β(ベータ)-HCG」の2つは、清掃腫瘍と関係が深く必ず調べます。そのほか「LDH」なども調べます。

これらの検査で精巣腫瘍の診断がついたら、転移病巣の検査が行なわれます。特に、腹部のリンパ節や肺に転移しやすいので、腹部超音波検査胸部X線検査、CT検査は欠かせません。
そのほか必要に応じて、頭部のCT検査や骨シンチグラフィーなどの検査も行なわれます。

精巣腫瘍は、非常に進行が速いため、診断がついたらすぐに入院してできるだけ早く切除手術を行なう必要があります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。