尿中組織診とは?

尿中組織診とは尿を採取して顕微鏡で調べ、がん細胞がないかどうか調べる検査です。尿管、膀胱、前立腺、尿道など、尿路にできたがんを見つけます。

検査前に気をつける点
朝一番の中間尿を採取しますので、寝起き時に忘れないようにすることが大事です。

検査結果の判定
がん細胞が見つかれば、尿路のどこかにがんが発生していると考えられます。

異常があったらどうするか?
膀胱・尿道造影、膀胱鏡検査、前立腺CT検査などをおこない、どおにがんができているかを確認します。

異常な場合に疑われる病気
尿管がん、膀胱がん前立腺がん、尿道がん、白血病など

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。