A/G比(アルブミン/グロブリン比)とは?

血清に含まれるたんぱく質は、主にアルブミンとグロブリンです。その割合は、健康な人で、アルブミンが約67%、グロブリンは約33%になっています。
それらを合わせた血清総たん白の測定によっても、診断上の手がかりは得られますが、グロブリンに対するアルブミンの比率を調べることによって肝臓病などの病気の診断や重症度をより詳しく判定することができます。

A/G比(アルブミン/グロブリン比)で何がわかるのか?
アルブミンは全て肝臓で作られていますが、基準値(4.0g/dl)を超えて高くなることはありません。ですから、アルブミンの産生が減ったり、流出したり、グロブリンの産生が異常に増えることがあれば、必ずA/G比が低下します。
A/G比が下がればたんぱく代謝の異常をきたす病気があり、下がり方が大きければ大きいほど病気も重症である事が考えられます。

A/G比(アルブミン/グロブリン比)はどのような検査か?
血液を採取して調べます。

検査結果の判定
基準比率(1.2〜2.0)より低ければ、たん白代謝異常があり、下がり方が著しければ重唱であると考えられます。

異常があったらどうするか?
血清たん白分画を調べ、疑われる病気について精密検査を受けます。

異常な場合に疑われる病気
肝硬変、慢性肝炎、肝臓がん、ネフローゼ症候群、多発性骨髄腫、悪性腫瘍、栄養失調など

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。