ペプシノーゲンT/U比とは?

ペプシノーゲンとは、胃の粘膜から分泌される物質で、胃酸の作用でタンパク質分解酵素であるペプシンに変わります。胃の中の、作られる場所によってペプシノーゲンTとUに分類されます。

ペプシノーゲンT/U比で何がわかるのか?
血液中のペプシノーゲンのUに対するTの割合を調べると、胃粘膜の萎縮の広がりとその程度、胃液の分泌機能、胃粘膜の炎症の有無が分かるほか、胃がんのスクリーニング検査として有用であることが明らかとなり、注目されています。
また、ピロリ菌に感染していると高値を示し、除菌されると正常値(T値70以上、かつT/U比3以上)になるので、除菌治療の効果を判定するのに役立つと期待されています。

ペプシノーゲンT/U比はどのような検査か?
採血した血液を測定用キットで調べます。

検査結果の判定
陽性であれば胃粘膜に萎縮があると考えられ、萎縮性胃炎、胃がんが疑われます。
一方、陰性でその数値が高い場合には、胃液の分泌が多いと考えられ、胃炎や胃・十二指腸潰瘍、ピロリ菌の感染が疑われます。
検査の数値によって、陽性は次のように分類されます。

  • 陽性…T値70未満かつT/U比が3未満。
  • 中等度陽性…T値50未満かつT/U比が3未満。
  • 強陽性…T値30未満かつT/U比が2未満。

異常な場合に疑われる病気
胃がん、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、ピロリ菌感染など

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。