ICG試験とは?

ICGとは、インドシアニングリーンという暗緑色の色素です。この色素を腕の静脈に注射し、一定時間後に採血し、色素がどれだけ残っているか、すなわち肝臓でどれだけ処理されたかを調べるのがICG試験です。

ICG試験で何がわかるのか?
ICGは体にとって異物であるため、血液中に入ると肝臓が取り込んで胆汁中に排泄してしまいます。ところが、肝臓の機能が低下している場合には、ICGは処理できずに血液中に残ってしまいます。
そのため、ICGがどれだけ残っているかを測定すれば、肝臓の予備力、言い換えれば肝臓の障害がどの程度まで進んでいるかがわかるわけです。また胆汁の流れが不十分である場合も、この値は高くなります。

ICG試験はどのような検査か?
ICGを体重1kgあたり0.5mg、静脈に注射して、15分後に反対の腕から採血して、血液中に残っているICGの量を調べます。注射と採血と、2回針を刺されますが、それ以外はほとんど苦痛はありません。

検査結果の判定
15分後の値が15%以上あったら、さらに30分後と45分後に採血して検査します。15分後に30%以上あったら、肝硬変が疑われます。45分後に30%を超えていたら、肝障害がかなり進んでいると考えられます。

異常があったらどうするか?
肝臓の働きが明らかに低下しているわけですから、医師の指示に従って安静を守り、食事制限などを行なわなくてはなりません。

異常な場合に疑われる病気
肝炎、肝硬変、肝臓がんなど

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。