直腸内触診とは?

直腸内触診(直腸診、直腸指診)とは、患者の肛門に医師が指を挿入して、肛門や直腸下部の病変を探る検査のことです。
また、泌尿器の一つである前立腺は、肛門の側から触れる事ができるので、その病気の発見や診断にも役立ちます。

直腸指診

直腸内触診で何がわかるのか?
大腸がんや大腸ポリープは、直腸のそれも下部にできることが多いため、見つけるのに簡便で有効な検査です。異常が見つかれば直ちに内視鏡検査をおこない、観察するとともに組織を採取して生検を行います。ポリープは切除します。
前立腺については、大きさ、方さ、表面の凹凸、圧痛などを調べ、前立腺がんの発見や診断に役立てます。

直腸内触診はどのような検査か?
診察台の上に横向きにひざを曲げて寝ます。口を軽く開き、肩の力を抜いて、排便するように軽くいきむと、肛門の筋肉が緩んで指が入りやすくなります。苦痛もほとんど無く、1〜2分で済みます。

検査結果の判定
指で探って、かたいものやふくらみにふれたら、大腸がんや大腸ポリープが疑われます。前立腺は大きくなっていたり、硬くなっていたり、凹凸があったら、前立腺肥大や前立腺がんの疑いがあります。

異常があったらどうするか?
内視鏡検査や組織検査を行なって診断を下し、治療の必要のあるものは治療を受けます。大腸ポリープは内視鏡検査と同時に摘除します。

異常な場合に疑われる病気
大腸がん、大腸ポリープ、前立腺肥大、前立腺がんなど

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。