食道がんとは?

食道粘膜に発生する悪性腫瘍で、好発部位は食道の中部・下部です。60歳以上の男性に発生するケースが多く(男女比は5:1)、喫煙や飲酒、熱い食事などの習慣が危険因子となります。
特に、アルコールとたばこの両方を嗜む人は、食道がんにかかる危険性が著しく高くなります(最近の研究では非喫煙・飲酒の人に比べて10倍)。
50歳以上で、飲酒や喫煙の習慣がある人は、自覚症状に気をつけるほか、定期的な検診を受けることが大切です。

食道がんの画像です

食道がんの症状と経過
食道がんは、ごく初期には、ほとんど症状はありません。
自覚症状で最初にあらわれるのは、喉の違和感です。例えば、食べ物を飲み込んだときに、食道の奥にチクチクした痛みを感じたり、熱いものを飲んだときにしみるようになります。

がんが進行するとと、食道が塞がれて狭くなるため、食べ物が喉につかえるようになります。
最初は、大きな食べ物を飲み込んだときに、喉につかえを感じますが、小さなものを食べても、だんだんつかえるようになります。

さらにがんが進行すると、食道が完全に塞がり、食べ物はもちろん、飲み物や唾液さえも飲み込めなくなります。こうなると、食事ができないために体重が減ったり、がんで肺や背中などが圧迫されて、胸や背中に痛みを感じるようになります。
がんが肺や気管支に広がったときには、咳や痰が出ます。食道のそばにある、声を調整する神経が侵されると、声がかすれることもあります。
なお、胃の内視鏡検査の際に、偶然食道がんが発見されることもあります。

行なわれる検査と判定

  • 胸部X線検査
  • 食道・胃X線検査
  • 食道内視鏡検査
  • 超音波内視鏡検査
  • 食道組織検査
  • 胸腹部CT検査

食道がんの判定のポイント
食道X線検査内視鏡検査、組織検査によって診断が確定します。病巣が表面にある表在がんが、食道壁に深く入り込んだ進行がんが、またがんの広がりの程度により治療方針が異なります。
リンパ節や他の臓器への転移の有無によっても治療と予後が異なります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。