膀胱鏡検査とは?

膀胱鏡(ぼうこうきょう)検査とは、直径6mm、長さ30cmくらいの金属製の筒を、尿道口から挿入して、尿道と膀胱を観察する検査のことです。炎症や腫瘍を観察する検査で、腫瘍が疑われる場合には、その部分から組織をとって、生検を行ないます。

生検用の組織採取も可能です

膀胱鏡検査で何がわかるのか?
膀胱内部をじかに観察して、炎症や腫瘍、結石などの病変を確認します。必要に応じて、生検用の組織採取を行なうこともできます。
また、不自然な変形があれば、膀胱に隣接する前立腺などの異常を推測することも可能です。

膀胱鏡検査はどのような検査か?
局所麻酔をして内視鏡を挿入します。女性は尿道が短くて真っすぐなのでほとんど苦痛はありませんが、男性は尿道が長く曲っているので苦痛を訴えることが少なくありません。
なるべくリラックスしていれば苦痛は少なくてすみます。所要時間は30分、通院で行なえます。

検査結果の判定
異常は、そのままの形で肉眼視できます。必要に応じて画像を撮影することがあります。
代表的な疾患は、膀胱腫瘍、膀胱炎、結石、膀胱憩室などです。
膀胱壁が外部から押されたような形で変形していたら、前立腺肥大症や前立腺がんなどを想定します。腫瘍の疑いがあれば、組織採取を行なって、悪性か良性かを判断します。

異常があったらどうするか?
診断結果に従って治療を受けます。膀胱炎の場合は薬物治療が、がんの場合には切除するか抗がん剤を注入する治療が行なわれます。

異常な場合に疑われる病気
膀胱がん腎盂尿管がん、膀胱炎、膀胱憩室、結石など

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。