胃がんとは?

胃がんとは胃粘膜から発生する悪性腫瘍です。
がん細胞外壁の粘膜下層までで止まっているものを早期がんといい、それよりさらに浸潤したものを進行がんといいます。
最近では、集団検診や人間ドックの普及で、胃がんの早期発見、治療が可能となり治癒率も早期がんでは95%以上の好成績をおさめています。

早期胃がんの画像です

また、胃がんは胃の内腔に突き出る場合が多いのですが、まれに胃壁をはうように広がり、高度に繊維化するスキルスがんがあり、若い女性に多くみられます。この場合、早期発見が難しく、発見された時は手遅れということもあります。

胃がんの症状と経過
早期がんでは自覚症状がほとんど出ないため、多く場合、集団検診や人間ドックで偶然発見されます。
胃がんの中には潰瘍をともない、そのために症状が現れることもあります。その際、腫瘍は治療によって通常の良性腫瘍と同様に瘢痕化し、一見治癒したように見えますが、がん細胞はそのまま残存し、発症することもあります。

さらに進行がんになると、胃の痛みや胃の張った感じのほか、食欲不振、体重減少、貧血の症状が見られるようになります。病巣から出血し、タール便や黒色便と呼ばれる黒ずんだ便や吐血を見ることもあります。

行なわれる検査と判定

  • 胃X線検査
  • 胃内視鏡検査
  • 腫瘍マーカー(CEAほか)
  • ペプシノーゲンT/U比
  • 胃組織検査
  • 胃細胞検査
  • 腹部X線検査
  • 腹部CT検査
  • 上腹部超音波検査

胃がんの判定のポイント
胃がんの確定診断は、内視鏡検査で病変部を直接観察するとともに、組織の一部を採取して調べる組織検査によってなされます。
これらの検査結果から、病巣が胃壁の表面に存在するのか、あるいは胃壁深く浸潤しているのかといったがんの進展度や病巣の大きさ、更に組織型、転移の有無を調べることによって、早期がんと進行がんに区別され、治療方針が決定されます。

最近では、内視鏡技術の進歩に伴って直径5mm程度の小さながんも発見されるようになりました。
こうした小さながんは、粘膜の表面にある場合は、内視鏡によって切除されることもあります。
日本の胃がんの検査法は、胃エックス線検査にしても、内視鏡検査にしても、国内で開発されたもので、その診断技術は、世界のトップレベルにあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。