大腸がんとは?

大腸がんとは大腸の粘膜から発生する悪性腫瘍で、胃がんと同じように大腸壁への浸潤の深さにより、粘膜表面の早期がんと、深部に浸潤した進行がんとに分けられます。
発生頻度の高いのは、ポリープががん化したポリープがんです。ポリープがんは、検診や人間ドックで偶然発見されることが多く、近年、日本では発生頻度が増加しています。これは、食習慣の欧米化に伴い、高脂肪食や低繊維食の摂取量の増加による影響と考えられています。
さらに最近では種々のがん遺伝子の関与も明らかにされてきています。

注腸X線検査による画像です

大腸がんの症状と経過
がんがある程度大きくなると、がんから出血が起きたり、がんによって大腸の内腔が狭くなることによって、血便や排便異常などの症状が現れます。

血便は、がんから出血した血液が便に混じることで起こり、がんができた部位が肛門に近いほど、はっきりした真っ赤な血液がついた便になります。
がんが肛門から少し離れたS状結腸にできた場合は、血液が変色して黒っぽくなります。また、血液と粘膜が便に付着した粘血便となることもあります。
このような血便の症状は、痔による出血と勘違いして、発見が遅れることもあります。血便があった場合には、医療機関できちんと検査を受けましょう。

肛門から遠く離れた上行結腸などにできたがんでは、たとえ出血があっても、血液が便に混じってしまい、肉眼ではわからないことも少なくありません。
そのため、がんがかなり進行して、腹部にしこりができたり、がんからの出血が続くことで貧血になり、動機、息切れなどの症状が現れてから、発見されることもあります。

また、大腸の内腔ががんで狭くなった場合には、便が細くなったり、排便後に残便感があるといった症状が出やすくなります。便の通りが悪くなることによって、腹痛が引き起こされることもあります。
こうした排便異常や腹痛も、がんや肛門に近い部位にできている場合に現れやすい症状です。
肛門から遠い部位では、通過する内容物がまだ水分を多く含んでいて、どろどろの状態なので、たとえ内腔が狭くなっても通過できます。そのため、これらの症状はあまり出てきません。

このように、がんのできる部位によっては、症状が出ないこともあります。
大腸がんの早期発見のためには、定期的な検査を受けることが大切になります。

行なわれる検査と判定

  • 大腸X線検査
  • 大腸内視鏡検査
  • PET
  • 便潜血反応
  • 腫瘍マーカー(CEA)
  • 大腸組織検査
  • 胸部X線検査
  • 腹部X線検査
  • 腹部CT検査
  • 腹部超音波検査

大腸がんの判定のポイント
腫瘍マーカーCEAが高値を示した場合は大腸がんが疑われます。症状が無くても、便潜血反応が陽性の場合には注腸X線検査大腸内視鏡検査が行なわれます。
ポリープがあれば、内視鏡でポリープ全体または一部を採取する組織検査が行なわれ、良性か、悪性かが診断されます。
また、直腸診といって、肛門から直腸に指を挿入して腫瘍の有無を調べる検査もあります。
肛門の近くはがんの好発部位ですので、重要な検査法となっています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。