子宮がんとは?

子宮がんとは子宮内腔に発生する悪性腫瘍のことです。
膣に近い頚部に発生する子宮頚がんと、その奥の大部に発生する子宮体がんとがあります。
日本人の子宮がんのおよそ80%は子宮頚がんです。子宮頚がんは30歳代から増え始め、40〜50歳代で最も多くなります。膣に近い子宮頚部は、直接触ったり観察したりすることができるため、満30歳以上の女性を対象とした子宮頚がんの集団検診が行なわれています。
それによって、早期に発見できるケースが大変多くなり、子宮頚がんの死亡率は年々低下しています。

子宮頚がんの画像です

子宮体がんの場合は、50歳代が最も多く、とくに閉経後の女性が80%以上を占めます。
都会に住んでいる女性での割合が高く、晩婚化や妊娠回数の減少など、女性のライフスタイルの変化が背景にあると考えられます。

子宮頚がんの症状と経過
子宮頚がんは、ほかのがんと同様、早期にはほとんど症状がありません。
そのため、がんにきづかず、検診を受けてはじめてわかるケースが多いです。
がんが進むと不正性器出血が起こりやすくなります。これは 月経以外の出血のことです。特に、性行為時にがんに接触して出血する事が多く、触診などの診察時にも出血することがあります。
不正性器出血以外では、比較的稀ではありますが、黄色いおりものがでる場合もあります。
がんがかなり進行し、骨盤まで広がると、腰痛が起こることもあります。

子宮体がんの症状と経過
子宮体がんは、早いうちから症状が出ることがあります。
主な症状は、月経と無関係に出血する不正性器出血です。月経以外のときに出血したり、閉経後に少量出血するといった不正性器出血が、ほとんどの患者さんにみられるのが特徴です。
ただし、この症状は子宮体がんだけではなく、頚管ポリープや機能性出血などの良性の病気でも起こりますので、自己判断をせずに産婦人科で検査を受けましょう。

行なわれる検査と判定

  • CT検査
  • 超音波検査
  • 血液一般検査
  • 腫瘍マーカー(CA125ほか)
  • 子宮細胞・組織検査
  • コルポスコープ診

子宮がんの判定のポイント
子宮頚がんの場合は、検診による細胞検診でがんが疑われれば、コルポスコープ診で病変組織の一部を採取して、診断を確定します。

子宮体がんの場合は、まず下腹部超音波検査やCT検査によって腫瘍の部位を確認します。
さらに子宮体腔から子宮内膜の細胞や組織片を採取する細胞検査や組織検査により診断します。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。