テロメライシンとは?

テロメライシンは岡山大学医学部付属病院、遺伝子・細胞治療センターの藤原俊義先生が開発した全く新しいタイプのがんの治療薬です。風邪の原因になるウィルスの遺伝子を改変したもので、がん細胞の中だけで増えてがん細胞を破壊することが出来ます。

テロメライシン(telomelysin)

正常な細胞は傷つけないので副作用が少ないのが大きな特徴です。
がん患部に直接注射で注入すると、がん細胞の中で一気に増殖(細胞実験では3日で100万倍)。これががん細胞を攻撃し、次々と破壊していくという仕組みなのです。
2006年10月、アメリカのベイラー大学病院・癌センターにあるメアリー・クロウリー治験センターで人への治験(第I相臨床試験)がやっと始まった段階です。しかし、この新薬研究が順調に進み、医薬品としての承認が得られれば、世界中のがん患者さんにとって、まさに夢の最新医療となることでしょう。

初めての方へ
当サイトではテロメライシンをはじめ、がん全般に関する情報をお届けしていますが、難解な専門用語などが随所に出てくる場合がございます。
『テロメライシンがどんなものなのか、短時間で、わかりやすく知りたい!』という皆様にはテロメライシン効果を映像で解説のコーナーがおすすめです。
こちらのコーナーでは、2007年1月にテレビ朝日で放送された医療バラエティ「たけしの本当は怖い家庭の医学SP」での特集を、キャプチャー画像を交えつつ、要点を噛み砕いて解説しております。
細胞実験の段階から、世界で初めて行われた人への治験までをカバーしていますので、この治療薬の概要を理解するにはピッタリだと思っております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。