テロメライシンの細胞実験

2007年1月、テレビ朝日「たけしの本当は怖い家庭の医学(スペシャル)」でテロメライシンが特集されていましたので、キャプチャー画像を交えつつ、その内容を解説していきたいと思います。

藤原俊義先生

今から6年前に「新しいがんの治療薬」の研究をスタートさせた、岡山大学遺伝子細胞治療センターの藤原俊義助教授がテロメライシンについて語っておられました。

藤原先生「テロメライシンは新しいタイプのがんの治療薬です。風邪になるウイルスの遺伝子を改変することによって、がん細胞の中だけで増えて、がん細胞だけを破壊する事ができます。」

テロメライシン

テロメライシン(上部写真)をがん細胞に直接注射したところ、3日間で100万倍以上に増殖。がん細胞を次々と破壊していったという。細胞実験の内容は以下に続きます。

生きたがん細胞に注入

シャーレの中で培養されている人間の肺のがん細胞にテロメライシンを注入します。注入する前のがん細胞の様子を顕微鏡で見ると、下の写真の様にびっしりとがん細胞が繁殖しています。

注入前に撮影した細胞の様子

密集したがん細胞の様子です。ここにテロメライシンを注入して24時間経過後に再び顕微鏡で見てみると…

24時間後の細胞の様子

右上の白く浮かんで見える気泡状のものは死んだがん細胞です。早速、効果が出てきた模様。36時間後には、さらに広範囲において効き目が確認された。そして48時間後になると…

48時間後の細胞の様子

見てはっきりとわかるように、シャーレの中のがん細胞は完全に死滅していたのです(ここで、スタジオの「オーッ!」という感嘆の声)。この細胞実験の結果、テロメライシンの強力な効果が確認されました。

藤原俊義先生が再び登場

藤原先生「テロメライシンはがん細胞の中で増えて、がん細胞だけを破壊しますが、正常の細胞の中では増えずに自然消滅します。したがって、いままでの抗がん剤のような副作用は無いと考えられます。」

がん患者にとって肉体的にも精神的にも、最も苦痛とされている抗がん剤の副作用がほとんど無いというのは、実に画期的な治療薬です。
次回からはこれを証明するために行なわれた「テロメライシンの動物実験」を見ていきましょう。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。