テロメライシンとは?

テロメライシンは岡山大学医学部付属病院、遺伝子・細胞治療センターの藤原俊義先生が開発した全く新しいタイプのがんの治療薬です。風邪の原因になるウィルスの遺伝子を改変したもので、がん細胞の中だけで増えてがん細胞を破壊することが出来ます。

テロメライシン(telomelysin)

正常な細胞は傷つけないので副作用が少ないのが大きな特徴です。
がん患部に直接注射で注入すると、がん細胞の中で一気に増殖(細胞実験では3日で100万倍)。これががん細胞を攻撃し、次々と破壊していくという仕組みなのです。
2006年10月、アメリカのベイラー大学病院・癌センターにあるメアリー・クロウリー治験センターで人への治験(第I相臨床試験)がやっと始まった段階です。しかし、この新薬研究が順調に進み、医薬品としての承認が得られれば、世界中のがん患者さんにとって、まさに夢の最新医療となることでしょう。

初めての方へ
当サイトではテロメライシンをはじめ、がん全般に関する情報をお届けしていますが、難解な専門用語などが随所に出てくる場合がございます。
『テロメライシンがどんなものなのか、短時間で、わかりやすく知りたい!』という皆様にはテロメライシン効果を映像で解説のコーナーがおすすめです。
こちらのコーナーでは、2007年1月にテレビ朝日で放送された医療バラエティ「たけしの本当は怖い家庭の医学SP」での特集を、キャプチャー画像を交えつつ、要点を噛み砕いて解説しております。
細胞実験の段階から、世界で初めて行われた人への治験までをカバーしていますので、この治療薬の概要を理解するにはピッタリだと思っております。

このサイトで解説しているがんの早見表です

一般に、悪性腫瘍のことを「がん」と呼んでいますが、病理学では粘膜や皮膚などの上皮細胞にできる悪性腫瘍を「がん」と呼び、皮下組織や筋肉、骨などの組織にできる悪性腫瘍を「肉腫」と呼んで区別しています。
このサイトでは双方を総称して「がん」というカテゴリーにまとめています。
以下のリストは、このカテゴリーで解説している"がん"の一覧です。
がんの名称(青い色のリンク)をクリックしていただければ、詳細ページに移動します。

ひと口にがんといっても種類はさまざまです
  1. 甲状腺がん…乳頭がん、濾胞がん、未分化がん、髄様がんの4つのタイプがあります。
  2. 舌がん…舌の側縁から口腔底(舌と歯ぐきの間)にかけて多く発生するがんです。
  3. 喉頭がん…喉頭(こうとう)がんとは声帯およびその周辺に発生する悪性腫瘍のことです。
  4. 肺がん…近年急速に増え続け、男女合計で胃がんを抜いて、現在第1位を占めています。
  5. 胸腺腫…胸骨の裏に位置する胸腺という小さな臓器に腫瘍ができるものです。
  6. 食道がん…食道粘膜に発生する悪性腫瘍です。好発部位は食道の中部・下部です。
  7. 胃がん…胃粘膜から発生する悪性腫瘍です。胃壁で繊維化するスキルスがんも注意。
  8. 胆道がん…胆汁の通り道である胆道のがんです。死亡者数はこの20年間で約2倍。
  9. 肝臓がん…肝細胞から発生する悪性腫瘍です。早期発見が可能となり、治療法も多様化。
  10. すい臓がん…すい臓に発生する悪性の腫瘍です。発生数および死亡数ともに増加傾向。
  11. 大腸がん…大腸の粘膜から発生する悪性腫瘍です。食生活が発症に大きく関与。
  12. 腎臓がん…腎臓の実質にできる「腎細胞がん」を指します。進行はおだやか。
  13. 腎盂尿管がん…腎盂、尿管の内側の移行上皮という粘膜から発生するがんです。
  14. 前立腺がん…尿道を取り巻くような位置にある前立腺に発生する悪性腫瘍です。
  15. 膀胱がん…膀胱の粘膜から発生する悪性の腫瘍で、泌尿器の中では最も多いがんです。
  16. 精巣腫瘍…精巣細胞という精子の元になる細胞ががん化して発生するケースが大半です。
  17. 乳がん…乳房の外側上方にできやすく、初期にはしこりやひきつれができます。
  18. 子宮がん…子宮内腔に発生する悪性腫瘍のことです。その8割は子宮頸がんです。
  19. 絨毛がん…胎盤の絨毛細胞ががんになるもので、子宮に発生するがんでは最も悪性です。
  20. 卵巣がん…かなり進行するまで自覚症状が無く、早期発見の難しいがんの一つです。
  21. 卵管がん…卵管に発生する非常に稀ながんで、女性性器がんのわずか1%程度です。
  22. 膣がん…膣に発生する稀ながんで、扁平上皮細胞がんと腺がんの2種類があります。
  23. 外陰がん…大陰唇、小陰唇、会陰、陰核などの外陰部に発生するがんです。
  24. 皮膚がん…代表的なものは、有棘細胞、基底細胞、悪性黒色腫(メラノーマ)です。
  25. 悪性リンパ腫…白血球の一部であるリンパ球ががん化する病気です。
  26. 脳腫瘍…頭蓋骨内に発生する腫瘍の総称です。良性のものが多く、摘出すると完治します。
  27. 白血病…血液のがんと呼ばれ、骨髄で作られる白血球が悪性細胞になります。
  28. 多発性骨髄腫…免疫の抗体をつくっている骨髄の形質細胞にできる腫瘍です。
  29. 軟部肉腫…筋肉、脂肪、神経、血管などの軟部組織にできる腫瘍です。
  30. 眼のがん…代表的なものは、目瞼がん、ぶどう膜メラノーマ、網膜芽細胞腫です。
  31. 鼻腔・副鼻腔がん…上顎洞にできる上顎洞がんが、90%を占めています。
  32. 耳の悪性腫瘍…外耳、中耳などに発生しますが、稀にしかみられません。

このサイトで解説している小児がんの早見表です

小児がんはまれですが、体が未成熟なため抑制が利かず、増殖力が強く進行が早いのが特徴です。原因としては、神経や肝臓、網膜などになるはずの細胞が、胎児の体ができあがった後も残っていて、異常な細胞に変化し増えていった結果と考えられています。

2009年には長期フォローアップ(FU)外来が全国で開設されます

小児がんは、筋肉や骨、血管等に発生する肉腫が多いため、外科的治療が難しいとされていますが、抗がん剤がよく効くため、現在では60〜70%の患者が治癒にいたるとされています。
ただし、治療による後遺症「晩期障害」に苦しむケースも少なくなく、長期フォローアップ(FU)の体制づくりが急務となっています。

  1. 小児肝臓がん…発症率が高いのが、肝臓のもとになる細胞ががん化する肝芽細胞腫です。
  2. 小児白血病…原因不明のまま血液中に白血病細胞が発生するものです。
  3. 小児悪性リンパ腫…リンパ節の中ががん化したリンパ球であふれ、機能が低下します。
  4. 小児脳腫瘍…成人の脳腫瘍と同じく神経膠腫(グリオーマ)の発症率が高くなっています。
  5. 網膜芽腫…網膜の細胞になるはずだった細胞ががん化する代表的な子供のがんです。
  6. 神経芽細胞腫…体の神経になるはずの神経芽細胞が成長の途中で異常増殖します。
  7. ウィルムス腫瘍…主に5歳未満の子供が発症する腎臓のがんです。
  8. ユーイング肉腫…筋肉や神経などの組織(軟部組織)や、骨にできる悪性腫瘍です。
  9. 横紋筋肉腫…筋肉のもとになる筋芽細胞ががん化した腫瘍で、どこからでも発生します。

このサイトで解説している「がんの検査」の早見表です

近年のがん治療技術の向上は著しいものがあります。しかし、がんの進行が一定レベルを超えていたり、転移していたりすると、最新の治療技術をもってしても、完全治癒は難しくなってしまいます。
がんは、発症初期においては症状を現さないものがほとんどです。だからこそ、この時期に定期健診を受けて早期に発見し、治療をすることができれば、がんは決して恐れる病気ではありません。

がんの検査について

職場の検診や自治体では、胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮がんなど主要ながんのスクリーニング(ふるいわけ)検査を実施しています。
また、人間ドックにおいても、この検査を実施している医療機関が増えてきました。
こうした機会や施設を積極的に利用して、定期的に検査を受けることが何よりも大切だと思います。

以下のリストはこのサイトで紹介している、「がんの検査」の一覧です。
青いリンクをクリックすると、各検査の詳細ページに移動します。
がんは、その性質や進行によって治療法は変わります。その人にあった最適な治療法を決定するためには、的確な検査に基づく、正しい診断が必要です。
各検査ページの解説が、検査前の予備知識の習得や不安感の解消に繋がれば幸いです。

  1. 病理組織検査…病変部の組織片を採取して調べ、病気を診断する検査です。
  2. 細胞診…臓器の剥がれた細胞を採取、観察して、正常なものと比較する検査です。
  3. 腫瘍マーカー…腫瘍の発生やその種類、進行度などを判断する手がかりになります。
  4. MRI検査…磁気と電磁波、水素原子の動きを利用して、体の断面を撮影する検査です。
  5. シンチグラフィー…腫瘍やがん、がんの骨への転移などを見る際に行なわれます。
  6. PET検査…放射線物質を利用し、がん細胞の位置を確認して、検出する検査です。
  7. 胸部X線検査…一般診療や健康診断などでも実施される単純撮影のことです。
  8. 胸部CT検査…肺がんの診断には、いまや欠かせない検査となっています。
  9. 気管支内視鏡検査…ファイバースコープで気管や肺の内部を観察する検査です。
  10. 喀痰検査…痰を調べて、肺や気管支など呼吸器のさまざまな情報を得る検査です。
  11. 上部消化管X線造影検査…いわゆる胃のバリウム検査です。
  12. 上部消化管内視鏡検査…一般に胃カメラといわれている検査です。
  13. ピロリ菌検査…ピロリ菌は胃炎や胃潰瘍、胃がんの原因になるといわれています。
  14. 腹部超音波検査…高周波の音を利用して、腹部内臓器の病変部を観察します。
  15. 腹腔鏡検査…腹部の臓器を直接観察したり、組織を採取して生検をおこないます。
  16. 注腸X線検査…下腹部をX線撮影して大腸を写し出し、病変を発見する検査です。
  17. 下部消化管内視鏡検査…内視鏡を挿入し、大腸の粘膜の病変を直接観察します。
  18. 前立腺針生検…前立腺に針を刺して疑わしい組織をとり、がん細胞を調べる検査です。
  19. 直腸診…患者の肛門に医師が指を挿入して、肛門や直腸下部の病変を探る検査です。
  20. 便潜血反応…大腸がんや大腸ポリープのスクリーニング検査として重要です。
  21. 膀胱鏡検査…実際に尿道と膀胱を観察して、病変の状態を知ることができます。
  22. マンモグラフィー…乳がん検査の基本です。乳房をX線を撮影します。
  23. マンモトーム生検…乳がんかどうかの最終診断のため、装置で組織を採取します。
  24. コルポスコープ診…主に子宮頚部や膣壁を拡大して精密に観察する検査です。
  25. γ-GTP…血液中に増えたときには、肝臓、膵臓、胆道系の病気が考えられます。
  26. LAP…胆道系酵素と呼ばれ、肝臓や胆道の病気を診断する手がかりとなります。
  27. A/G比…肝臓病などの病気の診断や重症度をより詳しく判定する検査です。
  28. GOT、GPT…肝臓病を見つけ出すスクリーニング検査として重要です。
  29. ペプシノーゲンT/U比…胃がんのスクリーニング検査として有用です。
  30. ICG試験…肝臓の障害がどの程度まで進んでいるかを測る検査です。

がん検診は早期発見の唯一の手段

がんは、早期発見できれば治る可能性がぐんと高くなります。異常のないことを確認するため、万が一異常があっても、大事に至らないうちに早めに手を打つため、50歳を過ぎたら毎年がん検診を受けるようにしましょう。

がん検診は市町村でも行われいる場合がありますので、市町村の保健センター・保健福祉センターに問い合わせてみましょう。がん検診を受けられる医療機関を紹介してくれるはずです。

通常、病院には健診部門があって、健診を受け付けています。インターネットで調べると、健診を専門に実施している健診センターが数多くあります。健康保険の効かない自費診療となりますので、検査項目、価格が表示されています。次に、がん検診の開始時期と検診間隔について整理してみます。

肺がん
50歳から開始するとよいでしょう。胸部レントゲン検査による場合は毎年受診します。CT検査による場合は、喫煙歴のある人は毎年、そうでない人は2年に1回受診します。また、喀痰の細胞診検査も同時にしておくと安心です。

乳がん
40歳から開始しましょう。触診に加え、超音波検査またはマンモグラフィー検査を毎年受け、超音波検査とマンモグラフィー検査の両方を隔年で受けるのもよいでしょう。

大腸がん
50歳から毎年便潜血反応を受けるようにしましょう。大腸内視鏡検査は異常がなければ3〜5年に1度くらいでよいとされています。ただし、ポリープ(腺種)が見つかった場合には、その1〜2年後に大腸内視鏡検査を受けてください。

胃がん
50歳から、バリウム検査または内視鏡検査のどちらかを毎年受けましょう。ただし慢性胃炎がなく、ヘリコバクター・ピロリ菌が陰性の人は2年に1回でもよいでしょう。

子宮頸がん
30歳から、子宮頚部の細胞診を毎年、または2年に1回受けましょう。

前立腺がん
50歳から毎年、腫瘍マーカーPSAを血液検査で調べましょう。

なお、検診で異常がなくても、検診後に何らかの症状が続いた場合には、「検診で異常がなかったから大丈夫」と考えず、ぜひ受診する必要があります。例外的に発生するがん、あるいは偶発的な見落としが皆無ではないからです。

関連ページ:このサイトで解説している「がんの検査」の一覧表

腫瘍マーカー検査とは?

臓器別に見る主な腫瘍メーカー

体のどこかに腫瘍ができると、血液中や排泄物中に、たんぱく質や酵素、ホルモンなどの特別な物質が増えてきます。それが腫瘍マーカーです。
腫瘍の種類や発症部位に特有の物質と、そうでないものがあります。それを検出するのが腫瘍マーカー検査で、腫瘍の発生やその種類、進行度などを判断する手がかりになります。

ただ、腫瘍マーカーの数値が高いからといって、腫瘍が確実に存在することを示すものではありません。また、それだけで腫瘍が良性か悪性(がん)かの判断はできませんし、どの臓器にがんができたかを特定することはできません。

さらに、がんの場合は初期には腫瘍マーカー値は異常を示しません。これは人によってそれらの物質の存在の有無やレベルが異なるうえ、仮に腫瘍ができていたとしても、腫瘍マーカーの出現や発生量が一様であるとはいえないからです。そのため、腫瘍マーカー検査は各種検査の補助手段として利用されたり、治療効果の測定に用いられるのが一般的です。

腫瘍マーカーの産生量に個人差があるとしても、その増減を測定することは患者個人にとっては有用です。例えば、腫瘍マーカーを継続的に調べ、それが増加傾向にあれば治療がよい方向に進んでいないことを、減少傾向にあれば治療効果が出てきていることを、また低値の一定レベルで安定するか消失すれば完治したことを、それぞれ判断する手がかりになるからです。

この検査の結果を得て、必要に応じて確定するための各種検査を実施すればよいのです。腫瘍マーカー検査の多くは簡単に行なえますから、その意味でも利用価値が大きいのです。

当サイトでは、腫瘍マーカーの中でも特によく使われるCA125CEAAFPCA19-9フェリチンPSATPACYFRA、SCCなどを解説しています。

抗がん剤について

国内では現在、厚生労働省による承認済みと未承認を含めて100以上の抗がん剤が使用されています。その中には飲み薬(経口薬)もあれば、注射(注射薬)もあります。また、その投与期間や作用機序もさまざまです。
諸外国を含めると、世界各国で作られている抗がん剤の種類は数百にのぼるとされています。

抗がん剤について

当サイトでは、代表的な抗がん剤であるアルキル化剤プラチナ製剤植物アルカロイド代謝拮抗剤ホルモン剤生物学的応答調節剤抗がん抗生物質、分子標的薬(シグナル阻害剤血管新生阻害剤抗体製剤(モノクローナル抗体)プロテアソーム阻害剤など)の特徴、はたらき、代表的な薬、そして副作用を解説しています。

抗がん剤の効果と副作用
がんが早期の段階で発見され、狭い範囲にとどまっていれば、手術によって切除したり、放射線による治療が有効です。しかし、がんが進行するとリンパや血液に乗って、全身に転移していきます。
こうした患者さんに対しては、局所的な治療ではなく、抗がん剤治療のように、全身に効果を発揮する治療法が必要となります。抗がん剤にはがん細胞を殺したり、その増殖を抑えることでがんを抑える働きがあるからです。特にがん細胞が細胞分裂をして増殖している時がもっとも有効です。
急性白血病、悪性リンパ腫、小児がんなどでは、抗がん剤だけでがんが治癒する場合が多く見られます。

しかし、抗がん剤の強い効果を期待して、むやみにたくさんの量の抗がん剤を使うと副作用も非常に強くなります。それは、がん細胞だけでなく正常な細胞にもダメージを与えるためです。
そのため、抗がん剤は「効果」と「副作用」のバランスを考えながら使うことが重要になってきます。

また、抗がん剤を使うことによって、がん細胞をおさえることができたとしても、副作用で苦しむ期間が長ければ、患者さんに苦痛を与え、あまりよいこととは言えません。
そこで、抗がん剤を使うときはQOL(Quality Of Life=生活の質)の改善を考えることが非常に重要になります。

抗がん剤の「効く」とは?
薬局で「この風邪薬はよく効きますよ」と言われれば、私たちは、その風邪薬で風邪が「治る、症状がおさまる」と考えますよね?実際その通りなのですが、抗がん剤の場合は少し違います。
例えば、肺がんの患者さんにゲフィチニブ(商品名:イレッサ)を投与したとします。
肺がんの場合はCTなどの画像診断で、がん細胞が50%以上縮小していれば「効いた」と判断します。縮小が確認された期間が一時的で、その後にがんが大きくなって元の大きさに戻ったとしてもです。

つまり、抗がん剤での「効いた」は完治を意味するのではなく(もちろん完治が望める場合も多々あります)、「患者の寿命が延びる」あるいは「寿命の延長効果は望めないが、がんが小さくなって苦痛が軽減される」という効果を表現していることが多いのです。
しつこいようですが、完治する患者さんもたくさんおられます。あくまでも抗がん剤における「効いた」という表現の意味についての話です。抗がん剤の効果は、次のような基準によって判定します。

1. 完全寛解(CR=コンプリート・レスポンス)
腫瘍がすべて消失し、その状態が4週間以上続いている場合。この状態を長く続けることで治癒に結びつく。

2. 部分寛解(PR=パーシャル・レスポンス)
腫瘍の縮小率が50%以上で、新しい病変の出現が4週間以上ない場合。
完全に治ったわけではないが、薬がよく効いていて、ほとんどの症状は消失している。

3. 不変(SD=ステイブル・ディジィーズ)
腫瘍の大きさがほとんど変わらない場合(正確には、50%以上小さくもならず、25%以上大きくもならない場合)。がんは放置すればどんどん大きくなるので、大きさが変わらないのは、薬の効果があったことを意味している。

4. 進行(PD=プログレッシブ・ディジィーズ)
腫瘍が25%以上大きくなった場合、もしくは別の場所に新たな腫瘍ができた場合。

以上の4段階で判定し、完全寛解、部分寛解、不変だった場合には、その治療の効果があったと考えます。

なお、日本における抗がん剤の認可基準は、上記リストの2.部分寛解(腫瘍の縮小率が50%以上で、新しい病変の出現が4週間以上ない状態)が、20%の患者さんで認められることとされています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。